TrackBackは、素晴らしい機能であり、Blogを有機的に利用する上で、大変有用な機能であると思う。
あることがらについて調べている最中に、ググった結果、たまさかHitした記事に元記事へのリンクがある場合は多い。
さらに、派生記事の文責者が、簡易に、元記事にも派生記事へのリンクを付加できるというのが、端的に言ったTrackBackの本質的機能である。
ところが、これもあくまで、派生記事の文責者(=TrackBack Pingの送信者)が、「善意の人間」である場合のみしか想定されていない。
先日、コメントSPAMで、当座の処理として、コメント投稿を不可能にしている当サイトに、新たに、TrackBack SPAMのアタックが行われた。
以前のケースでは、カジノサイトへのアクセス誘導であったが、今回はバイアグラサイトのようだ。
応急的な処置としては、例によって時間的な余裕のなさから、TrackBackを受け付けない方法をとらざるを得なかった。
Internet自体が善意の産物であることから、アクセス者全員が当然のマナーを守る善人であるならば、必要のない手間が、情報発信者側に必要になってしまう。
実に悲しい現実である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)