さて、ISO646の規格に準拠して日本で策定されたのが、JIS X 0201 だが、ここが円マーク問題の起因とも言える。

■JIS X 0201

もちろんISO0646に則って策定された JIS X 0201 であるが、ここでややこしいことをしてしまった。
まずは、JIS X 0201のテーブルを挙げる。

ISO646準拠の日本語文字集合 JIS X 0201

ISO646準拠の日本語文字集合 JIS X 0201

第2面の半角カナは良いとして、問題は、JISラテン文字*1と呼ばれる第1面である。
ASCIIでバックスラッシュだった位置に円マークが、
同じく、チルダだった位置にオーバーラインが入っている。
つまり、同じ、0x5cを入力しても、
us-asciiでは、バックスラッシュ、
JIS X0201-1976 Roman Set (JIS latin)では、円マーク、
と扱われるわけです。

ところで、普通の日本語、漢字とかひらがなとかは?

  • 注1JIS X0201-1976 Roman Set

One thought on “円マークとバックスラッシュ(その7) [JIS X 0201]

  1. Pingback: 円マークとバックスラッシュ(その8) [JIS X 0208] | 脳みその中身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)