クライアントから以下のような相談が来ました。

顧客にJPEG画像添付のメールを送ったところ、何行かの英語が書かれているメールが17通来ただけで、画像が見えないと言われたのですが、どーゆーことでしょ?

じゃ、同じものを、私のメアドに送ってみて下さいな…とお願いしました。
すると…

Partial message, part 1 of 17
To read this message, select all of the parts of the message and select the Message –> MIME –> Combine Messages menu item.

というようなものが17通。*1
昔、添付ファイルのあるメール本文をエディタにコピペして出来たテキストファイルをStuffItでデコードしていた思い出がよみがえります。
とりあえず、色々と調べた結果、Outlook Express とか、Outlook 2000 とか*2の分割送受信機能が元凶のようです。
具体的には、

  1. [ツール]→[アカウント]で「インターネットアカウント」を表示
  2. [メール]というタブをクリックしてメールのアカウントを表示
  3. 当該アカウントを選択後、[プロパティ]ボタンをクリック
  4. プロパティウィンドウの[詳細設定]タブをクリック
  5. 次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する」のチェックをはずす*3
  6. OKだかなんだかで全部閉じる

というようにOutlook Express の設定を変えてやることで、問題は解決しました。
確かに、大昔なら、フロッピーディスクに入りきれないデータのバックアップに、セグメント化したこともあるけれど、今時、一通の添付ファイル付きメールを複数に分化し、送信サーバの目をごまかして、大きなファイルを送るというやり方にせこさを感じます。
元々、メール1通あたりの容量による送信制限は、
「くそでかいファイルをメール添付で送りつけること自体が望ましくない」
という意味からであり、
「くそでかいファイルでも分割するならいいよ」
ということには繋がりようがないではありませんか。
相も変わらず、Windowsはうっとおしいものです。
おまけに、分割の基準初期値は、60KBだそうです。
送信サーバの制限でも60KB以上は送られませんというところはないだろうに…
それともあれでしょうか?
ニュースグループへの投稿するときと共通の設定という変な仕様のせい?

  • 注1もちろん“part 1 of 17”の部分は、各メール共にカウントアップした記述です
  • 注2Outlook 2002 /2003 ではこの機能はなくなっているらしい
  • 注3この下の○○KBの部分が分割基準サイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)