Apple 発表!Intel Mac で Windows の利用を可能に (Boot Camp)!

最近Macな人々の間で、とみに話題に上っていたことといえば、Intel Mac で、Windows を動かす話。
なんだかんだ言ったところで、コンピュータを飯のタネにしている人間でなくても、仕事上コンピュータを使う方で、Windowsを触らずに済むという運のいいヒトは、ほとんどいません。
Macな人々も、仕事ではWindowsを 望まなくても使わざるを得ません。
かく言う私も、仕事上、しようがなく VAIO を、PowerBook G4 17’と同時に持ち歩いています。
車で移動している場合はまだしも、新幹線での移動でも、この二つのノートPC(しかも片方は、17インチ)を、他の手荷物と併せて持ち歩かなければならないのには、辟易します。

XP on iMac

自然の成り行きとして、
「Intel Core のMac になってしまったのなら、ついでに、Windows の起動もできたら…」
そう思った Colin Nederkoorn なる人物が、自分のポケットマネー100ドルを出してWindows XP on Intel Macコンテストを開催しました。
そして、米国時間3月9日にApple関係者からの話として
「Intel MacではWindows Vistaは動かない」なんてのが取りざたされました。
ところが結局3月中頃、narf氏 とプログラマーblanka氏が、Windows XP / Mac OS Xデュアルブート方法を実現させ、賞金13,854ドル(約160万円)*1を勝ち取りました。
ということで、「IntelMacにWindowsXPをインストールする」ことが現実味を帯び、「やってみましたよ〜」的なサイトが散見されます。
http://okamot.com/mt/archives/001313.html

Boot Camp

そして、今回!
Apple さんから、Intel CPU搭載のMacintoshでWindows XPの利用を可能にするソフトウェア「Boot Camp」のパブリックベータ版が発表されました!
この間わずか一ヶ月たらず!
めまぐるしい動きです。

  • 注1当初の100ドルから始まったものの、賛同する多くの支援者のおかげで膨らんだ

Continue reading Apple 発表!Intel Mac で Windows の利用を可能に (Boot Camp)!

terminal の コマンドライン 上で、DVDを焼く

ターミナル を使って、CD を焼くのはよくやっていましたが、DVDってコマンドラインから焼いたことありません。
同じコマンドでOKな気がしますが、やったことありません。
おそらく、AppleScript とかから、do shell で呼び出すようなシチュエーションがあるだろーなと思い、やってみました。
※無線LAN経由の玄箱(NAS)にある ISO ファイルを焼いてみました。

PowerBook:~ bison$ hdiutil burn /Volumes/192.168.1.199/GANTZ/1_4.ISO
Please insert a disc:
ディスクに書き込むデータを準備中
セッションを開いています
トラックを開いています
トラックを書き込み中
…………………………………………………………………………………………….
トラックを閉じています
…………………………………………………………………………………………….
セッションを閉じています
ディスクの作成を終了中
ディスク作成の検証中…
検証
……………………………………………………………………………………………..
ディスクの作成は問題なく完了しました
……………………………………………………………………………………………..
hdiutil: burn: completed

問題なく完了。
作成完了までに40分。検証にその後20分。
・4GB超のファイルであること…
・無線LAN経由であること…
・実は、当該NASには、同一無線LAN上の別マシンから、くそでかいデータの書込中だったこと…
などを思えば、合格ですね。

antivirus tool は VirusBarrier X4 がいいそーな。

VirusBarrier X4

Mac OS X用の アンチヴィールスツールって決定版みたいのが存在しないと思っていた。
ところが、このあたりのレポートによると、VirusBarrier X4 が結構良さげ。
同じ、intego社の製品で、Personal Backup X4 ってのも同じようにI/Fがユーザフレンドリーですな。

act2のページを見ると、昨日まで、goodsプレゼントキャンペーンやってたのね。
http://www.act2.com/campaign/2006/01/integomagnet/index.html

Front Row を iMac G5 以外のMacで使う

とりあえず、現在の所、iMac G5 のみの機能となっているFront Rowだが、「単体で販売してよー!」という声が大きい*1と聞く。
昨日、所用で寄ったAppleStore 心斎橋で新iMac G5を見たが、確かに、デジタルハブもどきとしては、面白いと感じた。

Front Row

調べてみると、こんなところでFreeで公開している方がおられる。
便利そうだな。
確かに。
30″ Cinema HD Displayとか使ってやったらかっちょよさそー!
でも、リモコンが無いと意味ないじゃん…

  • 注106/01/06現在で7973件

Mac OS X 用 フォトモザイクツール

フォトモザイクというのがある。
要は、小さな画像をモザイク状に切り貼りして、でっかい画像になっているヤツである。
クライアントのスタッフから「Mac OS Xで作る必要があるのですが…」という相談を受けた。
Mac OS X用のツールが出てないか調べてみた。
この手のことは、そりゃコンピュータは得意だべ。
ということで、URLなどのメモ

AirMac Express をワイヤレスクライアントにして、AirTunesを設定

現在の無線LAN環境は、AirMac Extreme ベースステーションをGatewayにして、NAT環境下で、Mac/Windows 複数のPCをワイヤレスで接続しています。
別途、AirMac Express を所持していますが、これは、顧問先などで、無線LANの環境がない場合、無線アクセスポイントとして使用する目的でしか使用していませんでした。
ふと、「ん?AirTunesを使っていないな・・・せっかく、AirMac Express 持ってるのに・・・」と思いつき、設定してみることにしました。
ウチの環境ですと、Internet接続としては、AirMac Extreme ベースステーション(円盤)で事足りています。
そう考えると、AirMac Express のEthernet端子にケーブルを差し込むのも、うっとおしい話です。
それに、コンセントにAir Mac Express をぶら下げて、そこからすでにオーディオアンプにケーブルを持って行かなければ、物理的にスピーカーを鳴らせないわけですから、これ以上、たこ足的なのはイヤなわけです。
ということで、設定のメモを・・・。
まずは、物理的に、AirMac Express をコンセントに差し込み、RCA←→ミニステレオプラグ で、アンプと接続。
で、あとは、PowerBook G4 で、AirMac 管理ユーティリティーを立ち上げる。
以下作成中

iTMS ついに日本上陸!!!

iTMS 日本版

いやー、また例のデマかと思っていましたら、本当になりました。
うれしい誤算というやつですね。
本日(8月4日)からiTunes Music Store (iTMS)のサービス が日本国内で利用できるようになりました。
んーでもね。1曲150円〜200円ぐらいみたいですね。
アルバム単位でも、すっごく安くなってるわけではないしね。
好きなミュージシャンが属する会社が参加してない場合、面白くないだろーな。
とはいうものの、iTMSが米国並みに当たれば、足並みそろえるようになるのかな。
おまけに、日産・マツダ・ダイハツの各社が日本国内向け2006年モデルのカーステレオをiPodに対応させることを発表だそーな。
Appleが元気なのはいいけど、iPod屋 というイメージの方が大きくなっちゃったりして・・・( – -;;

Mail.app の重複メール削除

Tiger (Mac OS X 10.4) がリリースされて以来、メールクライアントは、Mac OS X 標準のMail.appを使用しています。
Spotlightが使いたいだけの理由だけれど・・・
とは言うものの、私の場合、Mail.appを使い始めて日が浅いということもあり、使い方がわかってないわけです。
例えば、
未読メールだけを読みたい場合、以前使っていたGyazMailとかだと、標準で、スペースで順に辿っていってくれたのですけど、Mail.appだと標準ではそうなっていないみたい。
おそらくそのくらいのことはできるはずだとは思うのだけれど、現状では、未読メールが既読メールを挟んでリストされているような場合、スペースで読み進むと、既読メールまで表示されます。
Mail.appがアホなのか、方法はあるにもかかわらず私が知らないだけなのか、どっちなのよ?シリーズは結構多いのです。
で、今回のエントリの本題。
重複メールというのがよく来るわけです。私の場合。

Continue reading Mail.app の重複メール削除

iTMS日本でも 8月上旬スタート!との報道

Nikkei net 及び、日本経済新聞(2005/06/07)朝刊によると、
アップル、音楽配信を日本で8月開始
とのこと。曰く、

  • iTML(iTunes Music Store)が日本でもいよいよ8月上旬スタート!
  • 国内主要レコード会社の大半が楽曲を提供
  • 国内最大の50万―100万曲程度
iTMS

楽曲提供企業は、

  • 東芝EMI
  • コロムビアミュージックエンタテインメント
  • エイベックス・グループ・ホールディングス

ほんまかいな・・・
そら、Pentium Mac の件といい、ここへ来て、えらい動きやなぁ・・・
それにしても、日経一社しかこの情報がないということは、スクープなのかな。
と思っていたら・・・

Continue reading iTMS日本でも 8月上旬スタート!との報道

Apple が Intel CPU に移行宣言!

かねてより、何度もまことしやかに、出ては消えていった噂・・・
「Apple が IBM の PowerPC を捨て、Intel に乗り換える」
確かに、Appleは、全く新たなCPUに乗り換えた前科があります。*1
確かに、Pioneer などへクローンマシーンのライセンスを出した前科もあります。・・・
確かに、ベースからしてまったく違うOSに移行した前科もあります。・・・*2
確かに、Jobs は、Next のハードウエア部門を捨てて、NextStepなるIntel チップで動くNext OS に移行した前科もあります・・・
でもね、まさか・・・

SNAIL

←7年前にこんなコマーシャルやってたのよ。
6/5付ITmediaの記事[WSJ]Apple、WWDC基調講演でIntelプロセッサ採用発表へあたりでも、「WWDC基調講演で発表されるのではないか」などと騒いでおりましたので、
小心な私は、日本時間の7日午前2時からの WWDC(World Wide Developers Conference)において、その基調講演を注目していたわけですよ。
で、これが・・・
驚くべきことに・・・
本当みたいです・・・

  • 注168k→PowerPC
  • 注2Mac OS 9 → Mac OS X

Continue reading Apple が Intel CPU に移行宣言!

POPFile アンインストール方法

しばらく、POPFileを利用していたが、半年ほど前に、SPAMメール大繁盛のメールアカウントを思い切って削除し、必要最低限のところでのみ(新たなメイン)メールアドレスを公開することにした。
どうしても、やばげなところでメアドを書かなければならない場合は、フリーのメアドを用意し、やばげとは言えないけれど、第三者の善意に依存するようなシチュエーションでメアドを書かなければならない場合は、適当なテンポラリアドレスをメインに転送設定して使っている。
このテンポラリアドレスは、SPAMメールが頻繁に来るようになった時点で、使い捨てるわけだ。
結果、ま、従来の数十分の一のSPAMメールに留まるようになった。
従来、どーかと思う出来であったMac OS X標準のMailアプリも、そこそこは、良い感じになってきているようだし、4月29日にリリースされるTigerを楽しみにしている私としては、出来ることならOS標準の環境でしばらくは頑張ってみたかったりする。*1
で、でだ。
POPFileと一時的に(?)お別れしてみんべかなと。
あんまし気にしたことなかったけれど、やっぱし、常時そこそこのマシンパワーを使ってることにはなるんだろうし・・・と。
で、検索。
あまつぶさんちにあった。
[POPFile]Mac OS X 版のアンインストール
もともと、あまつぶさんの作ったインストーラを使ってインストールした(ように記憶・・・あいまい)わけだから、このままの手順でOKみたい。
と、ここまで調べがついたので、アンインストールは、また次回にすっか。
・・・いつもどおりのオイラではある。

  • 注1とはいえ、そーとーカスタマイズしまくってしまっているので、OSの移行に不安がたくさ〜んだったりもする

VLC を 動画 ファイル 形式 コンバータ として使用する

netでd/lしたwmvファイルをなんとかしてdvdプレイヤー(ビデオCDも視聴可能)で見られないだろうかという質問を受けた。
Windows環境であれば、TMPGEncでmpeg1にしてビデオCDに焼くとかいろいろと方法があるが、「Mac OS X 環境で」というのが難問だ。
しかも、できるならフリーソフトという条件は、つきまとうわけだ。
要は、wmvファイル→mpeg1 or mpeg2 の変換ソフトがあればいいわけだが、私が知る限り、そんな好都合なMac OS X用のソフトは、フリーでは存在しないように思い、ダメもとでMLに投げてみた。
YONEMURAさんから、

ちょっとトリッキーですが、VLCで一応変換することができます。
http://pebbleinsky.jp/mt/archives/2004/12/13_0634.php
ここが図入りで解説しているので分かりやすいと思います。

との返信を頂き、大喜び!
当該URLの

専用のツールを使うのが面倒い、QTProコードなんぞ買えない、ニッチな機能が大好きな人には良いかと。

というフレーズに、意味ありげな笑いを浮かべながら本棚を覗かれているかのような気分を味わう。
ワシの心、見たんかい!(–;;

Continue reading VLC を 動画 ファイル 形式 コンバータ として使用する

RemoteでCUIを使ってSoftwareUpdateする

Mac OS X のソフトウェアアップデートをリモートで実行という記事が、blog @ MP3の道具箱というBlogサイトにある。
VNC関連の情報をまとめるべくググっていたときに見つけた。
直接、VNCとは関連しないが、当該記事のように「ファイルサーバとして使っているMac OS Xマシンにsshで入って云々」というケースでは、VNCよりもずっと機能的な話である。
「クライアント先のマシンの画面そのもの」を見なくてはやるべきことが決まらない状況というのも、結構な可能性でありうるが、当たり前のことを、再確認した気がして、CUIですむものはすませてしまうに限るんだよなぁ〜などと、ひとりごちる。

京ポン (AirH“ Phone AH-K3001V) の Mac OS X 用 ドライバ – AirH” Phone AH-K3001V USB Driver –

京セラのAirH“ Phone AH-K3001V(通称:京ポン)は、Operaを搭載し、PC用のサイトが閲覧可能という特色で有名である。
しかし、以前にnetで調べたときには、Mac OS X用のドライバが存在せず、選択肢からはずした覚えがある。
ところが、できているらしいのである。Mac OS Xと京ポンを繋ぐUSBドライバが。
AirH” Phone AH-K3001V USB Driver
これと、H”のつなぎ放題コースを利用すれば、とりあえずは、外出先でのnet環境は整うことになるわけだが・・・
どこかに、DUN・HandsFree(音声タグ機能搭載)・Object Push・File Transfer・Basic Printing・Basic Imagingなどのフル機能なBluetoothデバイスセットはないものか・・・

PowerBook G4 で A5504T を使う方法

A5504Tは現在入手可能な唯一のBluetooth対応のau携帯端末である。
現在の日本でPHSが繋がらないところは多いが、携帯のつながらないところは、ずいぶんと少ない。
旅行先でも、携帯のつながらないところは、私の知る限り四国の山の中くらいで、同じ山の中でも、スキー場なら、ほとんど問題ない。
携帯でのInternet接続は9600bpsと全くもって話にならないほど遅い。
とはいうものの、メールチェックや、軽いサイトのブラウズなどであれば、問題なく用を足せることも事実である。
というか、他に手段のない場合は、選択の余地がない。
ということで、A5504Tを利用して、PowerBook G4のInternet接続設定方法を模索してみた。
はまった問題点もいくつかあったので、これらの解決方法も書いておく。
なお、ウチのPowerBook G4 17inch は標準でBluetooth機能がついているが、Bluetooth機能のないMacでも、「D-Link DBT-120 USB Bluetooth アダプタ」などを付加すれば、同様に接続は可能。いずれにしても、Appleのサイトのこの辺は一読をお勧めする。

Continue reading PowerBook G4 で A5504T を使う方法

Mac OS X で .htaccess を有効に

ルータなどがかませてあって、NAT使用しているなどという環境、つまり、外部Internetからport80でアクセスされない環境にあって、localのテスト用で、Mac OS Xを使いたいという方のための設定。
つまり、セキュリティ的な話は考えないで良い環境での話。
というのが前提でいろいろとやってみているけど、“.htaccess”を有効にしたい場合の設定*1は、/etc/httpd/httpd.confを修正することで可能である。

  • 注1http://localhost/でアクセスできるディレクトリつまり、/Library/WebServer/Documents/のなかで“.htaccess”を有効にする方法

Continue reading Mac OS X で .htaccess を有効に

Mac OS X に phpMyAdmin をインストール

せっかくなので、phpMyAdmin もインストールしておく。
それから、この記事は、

  • Localに環境を作って、ほげらほげほげと実験することを目的とする
  • ルータなんかがかませてあって、直接、外部からLocalのMacをのぞけない状態にあること

を条件とした話になっているわけで、外部に公開しているZoneでこんなことやると、Securityの“S”の字もない話になりまっせ。

Continue reading Mac OS X に phpMyAdmin をインストール

Mac OS X に MySQL をインストール Vol.3

「Mac OS X に MySQL をインストール Vol.2」の 7 で、
/usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password <password>
はエラーなくても、
/usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root -h hostname password <password>
では、必ず下記のエラーが起きる。

/usr/local/mysql/bin/mysqladmin: connect to server at ‘[RendezvousName].local ‘ failed
error: ‘Host ‘xxx.xxx.xxx.xxx‘ is not allowed to connect to this MySQL server’

これってどーゆーことなのだろ?
バックダッシュごとhostnameをlocalhostに換えてやりゃどーだ?
ダメ・・・
んじゃなんやねん?と調査開始!

Continue reading Mac OS X に MySQL をインストール Vol.3

Mac OS X に MySQL をインストール Vol.2

では、mysql-standard-4.0.18 ちゅーこのブツの
ReadMe.txtの内容をも少し読んでみる。

  1. MySQL関連が走ってない状態でインストールしてね
  1. You cannot install this software on this disk.(null)
    なんて言われるかもしれないのさ。
    なぜってMac OS X package installerのバグでAppleに調査依頼しているところなのよ。
    そんな場合は、Go Back をクリックして、前の画面に戻ってやり直して]ね。
  1. MySQLのバイナリは/usr/local/mysql/binにできるわよのさ。ほんでもって、MySQL socket file/tmp/mysql.sockちゅーことで。
  1. musqlっちゅーユーザーがいないとダメなのだけれど、Mac OS X 10.2 以降にはDefaultでいるはず。*1
  1. このパッケージは、Mac OS X用であって、Mac OS X Server用ちゃうよ。

当たり前だわよん。

  • 注1をいをい・・・先述の「システム環境設定のユーザーに行って、MySQL User(Shortnameが mysql)っちゅーユーザーを作れ」っちゅーのはいらんのかいな?ということで、明示的にmysqlというユーザーを作ろうとすると「すでにおるっちゅーねん」としかられる。なるほど、Defaultの状態でさわらなくていいのね

Continue reading Mac OS X に MySQL をインストール Vol.2

Mac OS X に MySQL をインストール Vol.1

では、例によって、http://phpmac.com/へ。
tutorialから MySQL をクリック。
Installing MySQLなんつー大変ぴったりな記事があったりする。
とりあえず、このページの要約を書いておく。

  1. ここ行って、Mac OS X 用の新しいパッケージをとってこい
  1. ここ行って、Mac起動時には毎回MySQLが立ち上がるようにするための小物もとってこい
  1. 1で取ってきたパッケージをダブルクリックでインストールしろ
  1. そんときに、管理者パスワード聞かれると思うぜ
  1. システム環境設定のユーザーに行って、MySQL User(Shortnameが mysql)っちゅーユーザーを作れ
  1. データベースのインストールのために、ターミナルで、
    sudo mysql_install_db
    って打て
  1. MySQLデーモンをスタートさせるのに、
    sudo chown -R mysql /usr/local/var/
    sudo safe_mysqld –user=mysql &
    ってのを打て
  1. ターミナルが、
    [localhost:~] jberthet% Starting mysqld daemon with databases from /usr/local/var
    ちゅな感じになったら、
    mysql test
    と打て
  1. 結果、下記のようになれば成功じゃ!

Continue reading Mac OS X に MySQL をインストール Vol.1

Mac OS X でPHP

この際、Mac OS X にLocalでPHPとMySQLを入れてみんべさ。
ということで、実験。
どっかに、よさげなサイトが無いかと物色すると、めっけ。
http://www.phpmac.com/
とりあえず、Tutorialを見てみるかと。
でもって、phpをクリックと。
んじゃ、Enabling PHP on Mac OS X 10.3 Pantherを見てみるわよのさ。
ふむふむ・・・
どうやら、PHPはPantherにはDefaultで入っているらしい。
/etc/httpd/httpd.confをpicoで開いて、いくつかのコメントアウトの“#”をdeleteした後に、apacheをrestartさせればいいらしい。
ご丁寧に、「picoでの検索の仕方は、Cntrl + W だよ」なんてくだりまであるし、「こんなコマンド入れたら、こんな画面になるよ」なんて懇切丁寧に書いてある。
おまけに、英検3級程度で十分理解できるほどの、大変に平易な英語で書かれている。
それでも英語の嫌いなあなたへ、概略。

Continue reading Mac OS X でPHP

Virtual PC 7 for Mac は G5 対応

元々、Virtual PC が使っている pseudo little-endian mode (擬似リトルエンディアンモード)に、G5は対応していないという理由で、「現状のVPCはG5には対応しない」という話だったのだが、新ヴァージョンのVPCはついにG5に対応したらしい。
PC Watchのこのあたりに書いてあったのだけれど、どうやら、Virtual PC for Mac の次期ヴァージョンVirtual PC 7 for MacはG5対応らしい。
で、本家*1www.microsoft.com内を検索すると、こんなんめっけ。
ようするに、G5対応の Virtual PC for Mac 7 は、Office 2004 に抱き合わせ販売を先行(2004/7/23)させ、単体発売は2週間ほど遅れて行なわれる(2004/8/6)ようだ。

  • 注1本家になっちゃったのね・・・なんか変

Continue reading Virtual PC 7 for Mac は G5 対応

POPFile 0.21.1 for Mac OS X 10.3.x (Panther) のインストールパッケージ

え〜っと、POPFile 0.20.1 で満足していたはずなのですが、
突然、ブロークンパイプしていたり、うっとぉしいなぁ〜と思うことが多くなったので、先日のamatubuさんのインストールパッケージで、アップするべと思い立ち、amatubuさんのはてなダイアリーを覗いてみると、0.21.1用のものSourceForge.jpにあがってるよんとのこと。
POPFile Japanese Support for Mac OS X
ちゅーのをD/Lして、なにも考えず、そのまま、インストーラをダブルクリック。
そしたらばさ、
自動的にcorpusも引き継がれてるわ、
/Library/StartupItems/に追加されてて、再起動でOKだわ、
表に見えないわ、
まぁ素敵・・・

WWDC 2004 に行きたい・・・

AppleからWWDC Newsが届いた。
WWDC 2004 やるぞー!こいよー!」ってな話だ。
行きたいなぁ〜・・・
高岡さん*1や竹内さん*2もまた行くんだろーな〜・・・
でも、暇と金が・・・
ということで、まじめに仕事します宣言!
いや、今までがまじめじゃないわけではなかったのだけれど・・・
今までより以上にちゃんとしましょ。。。(^^;;

  • 注1“ファイルメーカーPro応用講座”や“ファイルメーカーProアドバンステクニック”など多くの著作でFMPな方々には説明不要
  • 注2混浴七段の猛者(^m^)ぷぷぷ

Mac OS Xのネットワークトラブル解決法

・netstat -a
システムレベルでのサーバのマウント状態を確認
結果のstatus列は各々のポートの接続状態を表わす

ESTABLISHED 接続中
CLOSED 切断状態
LISTEN 待ち受け状態

プロトコルはSMBなのかAFSなのかなどの確認
結果の Foreign Address列の末尾で判断できる。

.netbios-s SMB
.afpover AFP

・netstat -r
有効なネットワークインターフェースやその優先度を確認。
複数のネットワークインターフェースが有効な場合、優先度の高い方のインターフェース経由で接続されているネットワーク上のサーバにしかアクセスできない場合がある。
・ifconfig
ネットワークインターフェースがハードウェア的に問題なく動作しているかどうかの確認。
目的のネットワークインターフェース(通常優先はen0)のflags項目に、RUNNINGがあるかどうかで確認。

日本マクドナルドCEOにアップルコンピュータの原田社長

日経新聞のサイト(2004年2月5日付)によると、
先日、2004年2月下旬に退任予定と発表された Apple Japan(アップルコンピュータ(株))の原田永幸(はらだ・えいこう)社長が、日本マクドナルドホールディングスのCEO(最高経営責任者)として内定したらしい。
NIKKEI NET

日本マクドナルドホールディングスはアップルコンピュータ(東京・新宿)の原田永幸社長(55)を代表取締役CEO(最高経営責任者)に迎える人事を固めた。3月下旬の株主総会の承認を経て就任する。ウィンドウズが圧倒的なパソコン市場で「マッキントッシュ(マック)」のブランド力を高めた原田社長の手腕を、低迷気味のハンバーガー市場に生かす。
 パット・ドナヒュー会長はCEO職からは外れるが、代表取締役として残る。八木康行社長兼COO(最高執行責任者)は留任する。原田氏は1年間はナンバー2だが、来春にはトップに昇格する予定。
 原田永幸氏(はらだ・えいこう)71年(昭和46年)東海大工卒、72年日本NCR入社。横河ヒューレットパッカード(現日本ヒューレット・パッカード)などを経て、90年アップルコンピュータ入社。94年取締役、96年米アップルコンピュータのマーケティング担当副社長、97年4月から現職。長崎県出身。

アップル本社のマーケティング担当副社長を務めた原田氏のことだから、マーケティングの才能を評価されてのことだと思われるが、昔々、まだ創始者のひとりとして会長を務めていたころのスティーブ・ジョブズ(現アップルCEO)に、マーケティングセンスを買われて、ペプシから引き抜かれてきたジョン・スカリーを思い出す。
つーか、
「マックをやめてマックにいきま〜す!」
ってか・・・>原田社長

SPAM対策:Mac OS XでPOPFileを試すVol.4(POPFileを鍛える)

POPFileが起動していない場合は、起動させよう。
※以後、MUAでメールチェックするときには、前もって、POPFileが起動されていることが必須である

cd /Library/POPFile
sudo perl popfile.pl

さて、これで、お使いのMUAで、メールチェックしてみて欲しい。
勝手にSPAMメールはゴミ箱に移動してくれるようになってくれたかというと、否である。
つまり、POPFile側では、まだ分類は行なわれていないのだ。
なぜなら、バケツをふたつ作るには作ったが、まだ一度も
「こんなやつはSPAMで、こんなのはcleanだよ!」とPOPFileに教えていないので、全てのメールが「unclassified」(未分類)になっているのだ。
まずは最初に「どんなメールがspamでどんなメールがcleanなのか」を教える作業が必要である。
それでは、いくつかの新着メールがたまった状態で、
http://127.0.0.1:8080/
にアクセスして「POPFile コントロールセンター」を表示してみよう。
「履歴」タブをクリックすると、最近のメッセージとして、履歴の一覧が表示される。

Continue reading SPAM対策:Mac OS XでPOPFileを試すVol.4(POPFileを鍛える)

SPAM対策:Mac OS XでPOPFileを試すVol.3(MUA側の設定)

次には、メールクライアントソフト(MUA)で、アカウントの設定を修正して、
振り分け設定を行なう・・・という順序になる。
では、メールクライアントソフトの設定をしよう。
具体的には、従来のアカウントの修正からになる。
1)必要アカウント全てに対して以下の設定を行なう。
 a) 今までの設定のメモをとる
 b) POPサーバ名:127.0.0.1
 c) アカウントID:[今までのPOPサーバ名] + “:” + [今までのアカウントID]
 ※例)今まで”bison”というアカウントIDで、
  ”pop.foo.com”というPOPサーバにアクセスしていた場合は、
  pop.foo.com:bison
 d) パスワード:今まで通り

Continue reading SPAM対策:Mac OS XでPOPFileを試すVol.3(MUA側の設定)

SPAM対策:Mac OS XでPOPFileを試すVol.2(POPFileのInstallと最小限の初期設定)

さて、D/Lしたファイルをインストールする。
方法は、単純。
POPFile.mpkg をダブルクリックしてインストール。
ターミナルを開いて、
cd /Library/popfile
sudo perl popfile.pl
で、管理者パスワードを入力。
POPFile Engine v0.20.1 running
と表示されたら成功。
ブラウザで、
http://127.0.0.1:8080/
にアクセス。
「POPFile コントロールセンター」が表示される。
では、「POPFile コントロールセンター」を使って、設定しよう。

Continue reading SPAM対策:Mac OS XでPOPFileを試すVol.2(POPFileのInstallと最小限の初期設定)

SPAM対策:Mac OS XでPOPFileを試すVol.1(POPFileのD/L)

SPAMには辟易する。
日によっては300通あまりのSPAMメールを毎日手動でデリートする日々を続けるということは、大いなる人生の損失だ。
前々から、ベイジアンフィルタを採っている POP Proxy を考えていたが、日々の仕事に忙殺されて、ずるずると来てしまった。
今日こそはと、とりあえず、POPFileを試すことにする。
採用理由:
1)日本語のSPAMの扱いに定評がある。
2)ベイジアンフィルタである。
3)Apple Mail 以外のメールクライアントソフトでも問題なさそう。
(私は、現在GyazMailを使用中)

※この一連の記事は、Mac OS X環境に特化したものであるが、、POPFileそれ自体は、Windows版とCross Platform版があり、ほとんどどんなOSでもPOPProxyとして動作する。

Continue reading SPAM対策:Mac OS XでPOPFileを試すVol.1(POPFileのD/L)