Dropboxに「iPhone ( or Android携帯 or デジカメ or デジカメで使用しているSDカードなどのメモリカード ) などを Mac/PC にUSBで接続したら、自動的に、カメラロール内の写真や動画が、Dropbox/Camera Uploads フォルダに取り込まれて、Dropboxサーバに U/L されるという機能」が、ベータ版 (1.3.x) から追加されました。

この機能のフィードバックを得るために、現在、下記URLから取得できる Dropbox の Forumバージョン(ベータ版) をインストールして、上記機能を使うことで、2012/02/22 現在、無料のスペースが、4.5 5  5 GB までを上限に獲得できるというキャンペーンが行われています。
http://forums.dropbox.com/topic.php?id=54396

このキャンペーンで、一旦取得した領域は、permanently だそうです。
ただし、500MB ごとに、増加分合計 4.5 5  5 GB までということなので、
4GBを越えるクソデカイ動画で一挙に…というわけにはいきませんでした。
500MB 程度の動画をiPhoneで撮影しちゃー 同期するのを繰り返すことになります。

段取りとしては…

1. ベータ版をインストール (もちろん上書き)
※ Dropbox > 設定… のネットワークタブから、アップロード速度を無制限にしておくことをお勧めします。

2. iPhone で、どーでもいー動画を撮る
(3分程 450MB程度のものでOK)

3. iPhoto だの イメージキャプチャだのが自動で立ち上がる機能は切っておいた方が楽でしょう。もちろん、そのたびに「今は忙しいんだっつーの。お呼びでないの!」と終了させてもかまいません。

4. Mac/PC に繋ぐ
(最初だけ、「例の自動フォトアップデート機能を使うかい?」と聞かれるので、「おおともさ!」と了解してあげてください)

5. iPhone → PC/Mac → Dropboxサーバ と「どーでもいー動画」が U/L されるのをひたすら待ちます。

6. Dropbox フォルダ内の “Camera Uploads”フォルダに「どーでもいー動画」がコピーされたら、USBケーブルを外して、iPhone のカメラロールを空にして (空にしなくても、一度読み込まれた動画ファイルは、Dropboxがそれと認識しますけど、精神衛生上ね…)、別の「どーでもいー動画」を3分撮影します。

7. Dropboxサーバへの同期 (U/L) が終了したら(Dropbox アイコンがチェックマークになったら)、上記手順4から繰り返します。

数回繰り返したら、Dropbox の Webサイトへ行って、イベントタブで、ちゃんと容量が増えているかを確認して悦にいりましょう。

「記憶容量が xx.xxGB に増加しました」
というイベントが何度か追加されているはずです。

蛇足:まだ Dropbox を使っていないという方は、是非この機会に、使ってみましょう!通常の無料スペースは 2GB ですが、この方法 (多分ベータがはずれるまでの期間限定) で始めれば、2GB + 5GBで、7GB 使えます!

蛇足2:まだ Dropbox を使っていない方は、上記段取りの前に、
http://db.tt/6D46GE6
↑から、Dropbox の無料登録を行ってください!
(+250MB の追加スペースが付加されます)
僕も喜びます!(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)