そのアプリケーションは、写真集、音楽のストリーミング(iTunesで買える曲にリンクしてもいい)、YouTubeのビデオ、今後のコンサートのスケジュール、’fan wall’のような対話的機能(ユーザがコメントや写真を投稿しほかの人たちはリアルタイムでそれらを見れる)など、いろんなコンテンツをサポートできる。バックエンドではバンドは使いやすいCMSにアクセスして、写真やビデオの更新、コメントの管理、新しい記事のアップロード、などなどを行う。アプリケーションのApp Storeでの定価も、バンドが決められる。
Mobile RoadieはバンドのiPhone用カスタムアプリケーションを安上がりに作ってくれる
http://jp.techcrunch.com/archives/20090420mobile-roadie-builds-bands-custom-iphone-apps-on-the-cheap/

Mobile Roadie

Mobile Roadie


面白い!

利用対象:

音楽活動をやっている人たち(インディーズバンド)

エンドユーザ対象:

当該アーティストのファンや興味のある人々

目的:

A) 全自動で、上記引用にある機能を実装する iPhone Application を作成
B) バンド側に、運営するための手段を、Webサービスとして提供

対価:

A) 399ドル
B) 29ドル/month

バンドの中に、たまたま Objective-C とかのスキルがあるドラムスがいたり、
たまたま PHP とか MySQL とか Web系のスキルが高いベースがいたりする場合を想定したとしてすら、(獲得目的が事足りるなら) コストパフォーマンスは異常に高いサービスだと思われ。

シナリオ:

  1. カルテットだとすると、最初にひとりあたり 1万円ずつ集める。
  2. メンバー3人から、月々1,000円ずつ出させて、
  3. もう 1人のメンバーは、月々の 1,000円を出さなくて良いかわりに、Webからの更新作業を…:-p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)