Leopard を入れて約一週間がたち、その余りの使い良さに、内蔵HDと外付けHDを交換*1しました。
それやこれやでゴチャゴチャしているウチに、Parallels のWindowsを破損したようで、削除してしまいました。
んじゃ…と、正規サポートとなったBoot Camp を入れてみました。
これという問題もなく、インストールは終了。
では、Boot Camp のWindowsを対象に、Parallels を設定すべ…と。
Parallels からBoot Camp のボリュームを選択し、boot。
Unable to allocate memory for monitor PE!
ん?
でも、もう一度bootのボタンをクリックすると…。
Windowsが起動しかかって…。Macの強制再起動画面に。
再起動後、ゴチャゴチャとググってみると、
もう一度、Parallels と Leopard の再インストールで当該エラーメッセージから回復したとう記述がある。
Leopard の再インストールは、さすがにめんどいので、Prallels 5160 のDMGファイルをマウントして、
その中にあった、Uninstaller を使って、アンインストール。
念のため、Macを再起動した後、Parallelsのインストール。
Boot Camp のボリュームを選択し、bootさせたところ、
上記のエラーメッセージは出なくなりました。
ところが…
ntoskrnl.exeが壊れている

次のファイルが存在しないか、または壊れているため、Windows を起動できませんでした。
\system32\ntoskrnl.exe.
上記のファイルをインストールし直してください。

とのこと。
調べてみると、Windows のインストールCDから当該ファイルを書き戻してやればいいらしい。
ということで、Windows CD を挿入しておいて、
Parallels の設定で、boot 項目を、CD優先に変更。
boot させ、any key とか抜かすところで、エンターしてやり、CDから起動。
キーボードの選択では、例によって、s を押しておいて、次の画面で“日本語106キーボード”を選ぶ。
Set Up 画面で、“R”キーを押して、対象となるWindows(ここではひとつしかないので)1を選択。
DOS プロンプトに続いて、

expand d:\i386\ntoskrnl.ex_ c:\windows\system32

Exitして、Windowsをリブート。
すると、機嫌良く、Boot Capmp のボリュームのWindowsを Prallelsから利用することが可能になりました。
Parallels ToolsをActionメニューから実行させて再起動。
あれ?any key とか抜かす画面でとまってしまいました。
停止ボタンみたいのを押して強制終了。
「saveしていないデータが消えたり、Boot Camp の対象のWindows に影響が出るカモよ…」
などと脅かされるが、他にどうしようもないので、一旦Windowsを終了。
念のため、Windows install CD を取り出して、Prallelsのboot設定も、FD > HD > CD に戻し、
boot…..
とりあえず、うまくいったみたいです。
Boot Camp のボリュームをFAT32 でフォーマットしてあることもあってか、以前よりやや重く感じますね。

  • 注1つまり、今までの内蔵HD(Tiger)と外付けHD(Leopard)を交換

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)