PHPファイルを Spotlight の検索対象にする方法

PHPファイルを Spotlight の検索対象にする方法

phpのコードを追っかけていると、ファイルの関連性がわかっていない場合、キーワードとなる適当な文字列で grep してみるようなことは、誰しもやっていることでしょう。
ということで、今回は、せっかくMac OS Xなのですから、Spotlightの検索対象にしちゃいたいわけです。*1
作業の流れとしては、

/Library/Spotlight/SourceCode.mdimporter *2を少しだけ編集して、terminalからmdimportしてやる

ということになります。
左の画像をクリックすると、別ウィンドウで実操作方法のムービーが流れます。*3

  • 注1phpのコード構造は、C/C++/ObjCなどと似ているので、SourceCode.mdimporter が使えるようです。
  • 注2Xcode Toolsがインストールされている前提
    Xcode Toolsのインストールには、
    http://developer.apple.com/jp/
    から、[ご入会]をクリックして表示されるページの右下にある「Onlineメンバーシップ(無料)」の[さらに詳しく…]を選択して出てくる無料Onlineメンバーシップに入会し、ログインした後、
    Downloads => Developer Tools (Downloads Tab) => Xcode 2.4.1をD/Lしてインストールして下さい
  • 注3Macな人にしかニーズはないでしょうから、.movファイル(4.4MB)です。

Continue reading PHPファイルを Spotlight の検索対象にする方法

Microsoft / Windows Update が終了しない

4/20にMicrosoft サポートオンラインに以下のような情報が出ました。
FIX: Office のアップデートが含まれる Windows Installer を使用する更新の Windows Update をスキャンするために、 Windows Update を実行すると、延長された期間に100%に CPU 使用率が達しえます。
更に、5/11。
Microsoft Update または Windows Update が終了しない
という技術情報が、Microsoft サポートオンラインに登場しました。
ようするに、CPUリソースの100%近くを喰っちゃって、暴走してしまうわけですよ。
何がって?
Microsoft Update が。
すっげーな・・・
Office 2003 の Office Update と同時に行う場合に多発するとか、
Net上の情報を総合的に、かつ、主観的に推察するに…
Microsoft Update自動更新プログラムのバグじゃね?
確かに、Microsoft Update かけてて、svchost が、バッカぢやねーの?ってくらいのCPU占有率に膨れあがって、戻らないってのは、数ヶ月前からの話ですけれど何か?
Windows Updateの際に、ちょくちょくマシンが不具合を起こすっての自体は、大昔から、ずぅ〜っと続いてる伝統ですが何か?
「自動更新にしてよー!その方が手間ないしねー!自動更新推奨しまーす!」
てなこと言われたから、そーなってますよ。ウチのParallels環境も。
「統合的にUpdateしなきゃねぇ〜。Windows Update やめて、Microsoft Update にしよーよぉ〜
 Microsoft Update は、いーよー…もてるよぉー…w」
てなことぬかすから、そーなってますよ。ウチも。

Continue reading Microsoft / Windows Update が終了しない

Mac / Win 共存環境での操作ログ監視ツール

数年前までは、私がおつきあいしている会社でも、「社内には、IT系に不慣れな人しかいない」…という会社が多かったです。
それが最近は、みんな問題なくコンピュータを操り、自宅にコンピュータを持つ人も普通になってきました。
じゃあ、各社のシスアドにとってみれば、管理が楽になったのかというと、問題は、そういう(普通にコンピュータは使える)方々の、危機管理意識というか、セキュリティ意識の低さでしょう。
アンチウィルスソフトを配備し、統合的に体系立てて管理することも大切です。*1
今日は、もっと具体的な操作ログの自動監視ツールのお話です。
Windows Onlyなら以前からあったのですが、
「コンテンツウォッチャー・スマート」は、Mac OS X / OS 9 / Windows のいずれのクライアントPCでも対応しているようです。

 株式会社インテリジェントワークスは、Macintoshクライアント対応のPC操作ログ監視/IT資産管理ツール「コンテンツウォッチャー・スマート」を、5月下旬より発売する。
 「コンテンツウォッチャー・スマート」は、Mac OS Xに加えMac OS 9/Windowsクライアントにも対応した操作ログ監視ツール。クライアントの様々な操作ログをリアルタイムに抽出することで、各クライアントのファイル操作ログやアプリケーションの動作ログ、プリンタの出力ログを監視することができる。P to Pアプリケーション自動検知/削除機能により、Winnyに加え、Macで利用されるCabosやLimewireを削除できるほか、不正PCの自動検知機能により外部からの不正侵入を抑止することができる。
 デバイス監視も可能で、社内のPCから重要情報をUSBメモリなどで持ち出そうとした場合、直ちに管理者に警告通知される。また、スクリーンショット機能により、不正利用/不正操作のスクリーンショットを保存し監査証跡化することができる。情報漏洩が発生した場合でも、トレース機能によりファイルパス検索を行ない、リアルタイムで犯人を追跡することができる。
 PC 操作ログに加えサーバ内の操作ログも一元監視することができる。ログ管理は部門/部署ごとに行なうこともでき、LDAPやActive Directoryにも対応している。社内ログの運用報告書や内部統制報告書なども、PDFで改ざん防止措置をとった上で保存することができる。また、 IT資産台帳自動作成機能を搭載し、社内のPCのアプリケーションインストール情報やフォント情報を資産台帳として作成することができる。
http://www.intelligentworks.co.jp/

これでシスアドの仕事はそうとう楽になります。
社内の人材を楽にすることに興味のない経営者の方は、無視してください。w
「システム」とは会社の土壌そのものであり、
会社が社員に与えてあげられるのは、システムのみである。
社員の仕事が楽になり、同質同量以上の仕事が、短時間で終わらせられるような「システム」があって、初めて、「ふつうの社員」が、「人材」に化ける可能性が出てくる。
そん理屈に実感が持てない人には、何の利益にもならない情報でした。

妖怪占い

色々と書くことは腐るほどあるのですが、仕事に忙殺されて、更新を怠っています。
と、ゆーことで(どーゆーことだ?)我らが大泉君がネズミ男をやっている映画「ゲゲゲの鬼太郎」のオフィシャルサイトに、”妖怪占い”なんつのがありました。
ちなみに、私は、みごと、ネズミ男をゲット!!(ゲットの使い方まちがった?)

妖怪はもうひとつのあなたの姿。だそーな。やってみる?
ま、ちなみに、映画「ゲゲゲの鬼太郎」特集公開中!だそーです。

[mixy]会員様より招待状が届いています

携帯のメアドに、こんなん届きました。

本メールは[mixyモバイル]より送信されています。
あなた様へ会員様より[mixyモバイル]へお誘いがありました。
ぐっぴー さんからのコメント
いきなりですみません…温泉マニアで仲間を募集してます。いっぱい仲間が欲しいです![続きを読む]
ご利用を開始するには下記URLから登録して下さい。

  • http://mixi-love.net/ko/0302a/

※赤くしたりボールドしたのは、こっちだわよの。

ANSIさんちのwhoisで見ると、福岡市の会社だわよのさ。
http://whois.ansi.co.jp/?key=mixi-love.net
mixiから叱られたときのExcuseかね?<mixy
ググってみたら、そこそこ他にも来てるみたいでし。
《篠塚誠一郎の日々 from 因島》より

FAXサービス “D-FAX” 登録料有料化へ

数年の長きにわたって、D-FAX を利用させていただいています。
D-FAX とは、与えられる特定のFAX番号あてのFAXを、FAX の内容をメール添付のTIFFファイルで通知してくれるサービスです。
同様のサービスは多いですが、D-FAXは、その機能の多くを無料で提供してくれています。
このサービスが役に立つ人は、

  • 出先にいる場合が多く、出先でメールが受け取れる環境のある人
  • そう多くFAXを受け取ることはないけれども、FAXが来ないわけではない人
  • 自分からFAXを送信するより、受信することの方がだんぜん多い人

でしょうか…
大変便利に使わせていただいてきましたが、この度、このD-FAXが、登録料のみ有料化されることになったようです。
ただし、有料化開始前からの利用者には、登録料も発生しないとのことです。
有料化されるのは、2007年3月1日(木)からですが、
現行サービスの新規登録受付停止が、2007年2月26日(月)12:00からのようですので、
それまでに、登録しておけば、有料化開始後も無料で、ほとんどのサービスを享受できるようです。
くわしくは、D-FAX ホームページ

VISTA開発責任者 Jim Allchin氏の「MSで働いていなければ、Mac を買う」発言メール公開

ま、表題の通りなのですが・・・
当該メールは、2004年の1月に、Bill Gates と Steve Ballmer (CEO)に宛てて出されたもの。
現物(というか当該メールをプリントアウトしたもののPDF)は、以下で公開されました。
http://www.iowaconsumercase.org/010807/PLEX_7264.pdf
内容は、以下の通り。

Continue reading VISTA開発責任者 Jim Allchin氏の「MSで働いていなければ、Mac を買う」発言メール公開

iPhone 商標問題で、Apple が CISCO に訴えられる!

さてさて、CISCO 傘下の Linksys が過去 iPhone というIPフォンを発表しているのは周知の事実です。
今回の Apple からの iPhone 発表にあたり、CISCO は、

Cisco’s Official Comments on the Apple iPhone Announcement
SAN JOSE Calif., January 9, 2007 – Given Apple’s numerous requests for permission to use Cisco’s iPhone trademark over the past several years and our extensive discussions with them recently, it is our belief that with their announcement today, Apple intends to agree to the final document and public statement that were distributed to them last night and that addressed a few remaining items. We expect to receive a signed agreement today.

http://newsroom.cisco.com/dlls/2007/corp_010907b.html

要約:交渉の際に幾つか残された事項を記載した最終合意文書と公式声明をApple側に渡してある。我々は、Apple側のサインが入った契約書を受け取る見込みだ

という「まだサインして貰ってないけど、今日にでもサインして貰えると思うよ」的なコメントを出していたのですが・・・

Continue reading iPhone 商標問題で、Apple が CISCO に訴えられる!

MacWorld での驚愕の新発表!-iPhone-

いやー・・・前回のジョブズの基調講演も、“One More Thing”でおもちろかった。
しかしまー、今回は、ぶっくりしたお!
スティーブ・ジョブズ
まずは・・・
Apple TV
iTV
以前、iTVと呼んでいたブツは、Apple TV と名前を変えて、2月から $299 で売り出すとのこと。
無線LAN内蔵らしいお。
40GB HD 内蔵らしいお。
5台までのMacと接続可能らしいお。

  • Video, Music, Photos
  • Designed for widescreen TVs
  • Wi-Fi wireless networking
  • Internal 40GB hard drive
  • Auto-sync from one PC
  • Stream from up to 5 PCs

ま、しかし、こんなのは、序の口だった…
でました!
iPhone!
iPhone_Official

Continue reading MacWorld での驚愕の新発表!-iPhone-

個人向けBluetoothつきタフネスケータイ“G’zOne Type-S”?

タフネスケータイで一部に大人気だった G’zOne Type-R ですが、私的には、いまいちだったわけです。
というのも、例えば、
Head Set つけるべ…と思ったときとか、
Macと繋いで、Dial Up させっぺ…と思ったときとか、
端子カバーをちょこちょこと開けなきゃならないわけです。
タフネスだぜ!防水だぜ!と謳っているのに、おかしいですぜ>カシオさん
そーです。私に言わせれば、防水でシールド性の高い携帯なら、Bluetoothついてないのが変なのですよ。
で…でましたね。法人向けBluetoothつきタフネスケータイ“E03CA
なんだよ。法人向けかよ…
よくよく調べると、個人購入可能…
もっとよくよく調べると、新規でも42,000円!???
法人向けだから、インセンティブ関係ないから、実機代まるまるなの?
元はと言えば、W31Tのバッテリが、へたりまくってきたし…的な発想だったわけです。
バッテリ、10個買えます。
W31Tは2年ほど使っていますから、あと20年もちます。<バッテリ
すっかり諦めて、Bluetooth Qualification Program Website 内のQualified ProductのE03CAのページを見ていたのですだわよのさ。
したっけさ、G’zOne Type-S ってのを見つけたわよのさ。
Bluetooth Qualification Program Website 内Qualified Product G’zOne Type-S
これを見ると、E03CAは、

  • BIP-ImagePush
  • DUN-GW
  • GAP
  • HandsFree-AG (1.0)
  • OPP-Client
  • OPP-Server
  • Serial-DevA
  • Serial-DevB

だけど、G’zOne Type-S は、

  • DUN-GW
  • GAP
  • HandsFree-AG (1.0)
  • Headset-AG
  • Serial-DevA
  • Serial-DevB

ふ〜ん…
名刺交換だの、写真をプリンタに出力だのってのはできないのね。
ま、私の場合に限って言えば、ヘッドセット使えて、ダイアルアップできればOK!
※プロファイルについては、WikipediaのBluetoothの欄に詳しいよ。

  • E03CA に対して少しBluetoothのプロファイルが少ないところ
  • Product ID が、G’zOne Type-S であるところ

を鑑みるに…
もしや G’zOne Type-S とは、個人向けBluetoothつきタフネスケータイ ではないの?
個人向けならインセンティブのからみもあるから、E03CA みたく4万円超ということはあるまい。
ほんでもって、LIst Date がE03CAの10日後(06/10/20)ということを考えると、発売は近い!?
我田引水ですけど、無根拠ではないよね。

Synergy -複数のコンピュータの Input Device をひとつに

今、Macが2台、Windowsが1台という環境で仕事をしています。
メインマシンの PowerBook G4 と設定を頼まれた iMac (Core 2 Duo)、客先環境確認用のVAIO などです。
これに限らず、複数のマシンをとっかえひっかえして、作業している人は私の周りでも頻繁に見かけます。
モニタはモニタ切り替え器でなんとかなるが、そういった場合、最もうっとおしいのは、Input Device です。
マウスやキーボードを何セットもデスクにおいて、
「これは、これやったやんな…」
「あ、ちゃ!ちごた!」
などとやっている貴兄に。
Synergy です。

  • http://synergy2.sourceforge.net/

【用途】
使いたい Input Device 1セットだけで、複数の端末を切り替えて使えるようになります。
Mac だろうが、Windows だろうが Linux だろうが、なんでもこいです。
【方法】
メインの画面の上下左右すきなところに、仮想的にサブの画面があるかのようにあつかえます。
※ちょうど、デュアルモニタっぽい感じ
【困っちゃった点】

  1. 私の環境では、Expose を画面角に設定しているので、デスクトップを表示させようとしているのに、となりのマシンのコントロールにいっちゃったり…
  2. なにより、Intel Mac で Bus Error が…

【解決法】

  1. Configuration file の設定で解決できますた
    ↓ここみますた
    Synergy Configuration Guide
  2. 得意の他力本願で解決できますた
    ↓ここみますた
    IntelMacでSynergy2を動かす

Continue reading Synergy -複数のコンピュータの Input Device をひとつに

Perian – Mac OS X 用 超便利Codec

Mac OS X 用の動画再生Codecでは色々と苦労が多いわけですが…
「これを入れておけば、ほとんどの動画は QuickTime で再生できるぜ。べいべぇ。。。
 ありがたくて、鼻水が出るぜ!はにぃ、拭いてくれないか。。。」
な AviImporter-FFusionベースの Codec プラグインパック

Perian - Mac OS X 用 Codec プラグインパック

Perian
http://perian.org/
※Perian について詳しくは、
http://trac.perian.org/
ちなみに、使えるCodecは、以下↓

・ Divx, XviD, FLV*1, AVI
・ MS-MPEG4 v1, MS-MPEG4 v2, MS-MPEG4 v3, DivX 3.11 alpha, 3ivX, Sorenson H.263, Flash Screen Video, Truemotion VP6
・ These formats when they are inside an AVI:
h.264, mpeg4, AAC, AC3 Audio, and VBR MP3.

まーすてき!
後は、

  • Flip4Mac(AVI container 上の wmv用)
  • A52Codec(AVI container 上の AC3 Audio用)

というあたりを入れておけば、桶。
これで、Firefox + VideoDownloader で取得した YouTube のFLV形式の動画も再生できます。まんせー!
ところで、今まで、ごちゃごちゃとこの手のCodecを入れてきたけど、どれが不要なのだろう?
だれか実験してないのかな?
とググった結果。↓このページ発見。
PerianはQuickTime用プラグインパック
このあたりを見ると、やっぱし、已然として、mkvあたりの再生には、MPlayer とか VLC とかが必要なのね。

  • 注1Flash Screen Video v1 のみ対応、v2は未対応

NTPコマンド

とにかく今すぐに同機させるコマンドを調査。
とりあえず、以下のコマンドをバッチにしたりして、スクリプト中でたたけばいいんじゃない?
ネタ元:ここ大変Useful!
※Windows XP にて動作を確認

net stop w32time & net start w32time
w32tm /config /update /manualpeerlist:ntp.tohoku.ac.jp /syncfromflags:manua

私にしてはめずらしいバトンなどを…

ん〜マイミクのゆうきっちょさんからまわされたバトン、気が向いたので、やります。
あ、ちなみに、私は『バトン・ターミネーター』ですから回しません。
あ、それから、これは、みくし用なのです。
ま、みくし外の自分のBlogでさらすのもなんだけど、面倒くさいから、いいや。これで。
あ、それから、せっかく回して頂いても、気が向かないと(≒ 仕事が暇 or 忙しすぎて現実逃避状態)やらないタチなので、指名したのにやらなくてもムカっとかしないでね。>バトン回してくれる方々
☆★あのこの事もっと知りたい!!★☆
そんな5人にバトンを回す。
(回す人を最初に書いておく。)

だから、私は『バトン・ターミネーター』ですから回しませんてば。
2:お名前は? (←なんで番号が2から始まってんだろ)
結論から言うと、書きません。
ほとんどのマイミクさんは、リアル友なので、私の名前知ってます。
私を知らない人にとって、名前は単なる符号ですから、知ってもしようがないと思います。
また、みくしで不用意に本名を名乗るのって、デメリットの方が多い気がします。
ということで、のっけからノーコメントです。
ごめんなさい。
3:おいくつですか?
45歳
4:ご職業は?
ゆうきっちょさん曰く、
>いつも職業きかれると説明困るんですけど・・・
そーそ、僕も。
PM(「午後」じゃない方の)がメインの仕事だったはずなのですが、ここ何年か「IT何でも屋」みたくなっています。
仕事って、その人の「能力の種類」の2割程度しか使わないのが常ですよね。
だから「普段仕事に使わない」残りの自分自身の能力の8割(というか機能というか)を「人に役立ててもらう」ためのルーチンが見えないじゃないですか。
(ま、だから残りの8割の能力を仕事にしていないのでしょうけれど…)
この「普段使わない機能」みたいのって、たま〜に「あーこれも出来て良かったぁ」っていうJOBがあるのですよ。
そーゆーとき、結構喜びます。私。
まがりなりにも英語が話せてよかったね的仕事があったり…
どー考えてもそりゃITソリューションを発注するより前に、業務ルーチンの見直しだべ的仕事があったり…
水商売をどう繁盛させるかの相談であったり…
んーでもやっぱ、本意ではない部分と、本意な部分がありますが、ここでは、深く言及するのはやめておきます。
5:ご趣味は?
過去に人生賭けるくらいどっぷりつかっていた趣味はここでは割愛して、今現在よくする趣味と言えるものは…
・イタチと遊ぶ
・気の置けない仲間と食事&飲み
・ボーリング
・ドライブ
・読書(破滅派系)
・音楽(前職の都合上…ただしカラオケ文化は未だに不慣れです)
6:好きな異性のタイプは?
・言葉にするとありきたりですが、尊敬できる人。
・自分自身を高所から俯瞰で見ようという努力をおしまないひと。
(公正な人/公正であろうとする人)
・難局に対峙するとき、飄々としている人。
・僕の好きなこと(音楽の系統とかイタチとかボーリングとかロードスターとか…)を(好きになってくれなくてもいいから)否定しない人。
・心から笑う人。
7:特技は?
色んなことできます。
8:資格を何か持ってますか?
とらないとダメ的な案件がありまして、インチキ勉強で、いくつか取得しました。
でも、教えない。
9:悩みが何かありますか?
たくさんあります。
けど、このインタビュアーの方は、おそらくは録音音声でしょうから、相談にのってくれそうにないので、詳細は割愛します。
10:お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
好き・・・仙台市八乙女の「うみんちゅうはなばな」の沖縄料理
東京中野は南台にある「寿司屋の久」の寿司
大阪高槻市の「ぱすとらる」のフランスだかイタリヤだか料理
今は無き大阪ミナミの「四季の夢」の日本料理
今は無き仙台市歩坂町「大吉」店主の焼く鳥皮だの胸肉だの…
嫌い・・・食べる人のことを想像していない人が作る全ての料理
11:好きな人はいますか?
いますが、なにか…?
12:貴方が愛する人へ一言
それはその人に直接言います。
13:回す人5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。
だから『バトン・ターミネーター』なんだってば。

AllofMP3.com

色々なところでお噂だけは何度も…
てな感じですが、すごい値段ですね。ここ。
音楽配信販売サイトですけどね。
ロシアなんですって。
方々から訴えられているのですけどね。
ロシアの関係著作権管理団体めいたところには、正式にライセンスを得て運営しているそーな。
「こちとら、正規でやってるんでぃ。かかってこんかぁい!」
的なイメージですね。
なにやら、DVDのリージョンめいた政治のにほいが致します。
取り上げている各ブログでは、
「いつ無くなってもおかしくないから、買うだけ買っておきませう」
的発言がめだちますね。

“AllofMp3.comがアツい。
ここはiTunes Music Storeと同様、音楽データをダウンロード販売するサービスだが、同じようなサービスと決定的に違うのがお値段。僕が購入した曲を例にとると、曲単価で約$0.08。$1=104換算で、つまり1曲8円。計算ミスしたかと思ってもっかい検算したけど、どうしても8円でしたー!
この値段は曲の長さや、ビットレート(簡単に言って音質)で若干の差がでてくるが、だいたいアルバム1枚買っても$1.3くらい。円換算で135円でしたー。ちょうヤべーい。ロシアちょうヤベーい。”

.sauce: allofmp3.comがヤベエ アーカイブ

「体面」と「信用」

「体面」と「信用」
この二つの関係を考えてみた。
体面とは、世間体である。
世間体って信用の根拠になるものなのかもしれない。
少なくとも、
「世間様に顔向けできないようなことはするな」
と教えられて育った人は多いだろう。
# 現実には、
# 「世間様って誰と誰やねん!会員制やったら会員名DBみせんかい!」
# という生き方になってしまっていることは、
# ここでは問題としない。
# 私は「自分のことを載せる心の棚」が頑丈なのだ。
一方、信用とは、
「積み重ねる」ものであり、「簡単に失う」ものであると教えられてきた。
はたしてそうなのか?
「積み重ねて作り上げ、失敗で簡単に失う」そんな属性が、
「信用」のプライマリ・ディフィニションであっていいのか?
信用とは、「心映えの見事さ」だと思う。
少なくとも私が「信用がおける人間」と確信する人はみな、心映えが見事で、己に公正な人間である。
「長くつきあって初めて分かる」という点では、
確かに、積み重ねるものなのかもしれない。
しかしそんなものは、相手の中に勝手に「積み重なる」ものであって、
「積み重ねる」ものではないのではないだろうか?
「簡単に失うもの」
まさしく、その通りであろう。
けれど、それは、「試練においての行動如何によって」という上の句をつけなければ正確ではない。
「信用を失ってもおかしくないようなシチュエーション」が私が意味する「試練」の定義である。
「失敗したときの行動」が信用を「得る」のか「失う」のかを決めるのだ。
私が子供の頃は、体面と信用は同意であった。
しかし、今、
危機管理能力とやらが叫ばれる今、
「失敗は起こる」のである。
「体面」と「信用」のどちらかの選択を迫られるシチュエーションが必ず誰にもくるのだ。
「失敗しないこと」
もちろん大切にしたい。
失敗しないように、
必要な準備は怠りなくしたい。
しかし、それでも失敗するのだ。
人間は後悔するように作られているのだ。
失敗ってのは、
単に、「思うようにいかなかった」という「状況」を指している。
過去にはさかのぼれない。
今回失敗した「直接の原因」と「本質の原因」を己に糺すプロセスこそが「生きる力」なのだ。
本質的に「己の性堕に起因する失敗」なら、
「同じ失敗を重ねて生きていく」という道と
「自らの性堕自体すら改める」という方法と、
もうひとつ
「性堕それ自体はあきらめて、行動の癖として、新たな癖をつける」
という3つの選択肢を用意したい。
失敗は、状況でありプロセスである。
結論を指す言葉ではない。
もっと言うなら、
失敗というプロセスを通らないと、たどり着けない成功もたくさんある。
「失敗」をごまかさないと「信用」がなくなるよ…
てな考え方は改めなければならない。
「体面を取り繕うために信用を捨てるまねをするな」
そう自らに、そして子供たちに伝えなければならない。
# 体面を対面と書き違えていて急いで修正したことは
# 内緒にしておいてください。なんだか恥ずかしいから…
# >カブを乗る予定もないのにホーチミンに行くO氏

MetaNotes: Ejovi Nuwere (イジョヴィ・ヌーワー)氏の3月14日証人尋問 原告陳述書

長野の住基ネットに関するセキュリティー監査を務めた Ejovi Nuwere (イジョヴィ・ヌーワー)氏の証人尋問における原告陳述書です。
「Ejovi Nuwere (イジョビ・ヌーワー)氏の原告最終準備書面」には、こうあります。

2 事件の概要
 本件の事実関係を簡単に説明する。
本件セミナーの共同主催者を構成する関係者たちは、原告の講演内容(長野県における侵入実験に関わったセキュリティ専門家の体験談)がふだんの講演とはかなり趣を異にし、参加者の注目を浴びる面白い内容になると考え、原告が発表者になることを承諾し、これを実行するつもりだった。
ところが、本件セミナーの後援名義使用承認後に、総務省は原告の発表内容が長野県における侵入実験に関するものであることを主催者以外からの情報として知り(甲3)、急遽、主催者であるSIDCの関係者を総務省に呼び出し、事前に原告の発表内容を総務省に告げなかったことを非難した。
原告の発表する内容は、どのような内容であるにせよ、コンピュータ専門家として住基ネットの構造や管理運用状況に問題があることを指摘することにならざるを得ない。住基ネットの安全性を強調し続けている総務省にしてみれば、総務省が後援するセミナーでこのような発表をされることは、何としても避けたいことであった。いわば、SIDCに騙されて後援者になったのも同然であるから、後援を取り消すということも当然視野に入って来る。
他方、原告は、総務省とSIDCの間の上記のような事情は知らない。原告にしてみれば、限られた時間の中で、コンピュータセキュリティの専門家として、守秘義務に反しない範囲内で、自分の体験を話すつもりでいた。事前に長野県の意向を確認し、その了解を得ていただけに、発表を中止しなければならない内容は何もないと認識していた。それが、総務省が介入してきたことで、発表ができなくなった。

このたびこの、彼が原告となって提訴した「住基ネット侵入実験講演中止に関わる国への損害請求」が棄却されました。
以下、私見から一歩も出ないレベルの話です。
国は明らかに住基ネットの問題点を隠そうとしています。
今回の棄却は、主催者側の一連の行動があまりにお粗末だったので、トカゲのしっぽ斬りのように、「主催者の責任であり、総務省の直接の責によるものではない」という判断によるものなのでしょう。
さて、セキュリティーは、私を含めたITsolutionを生業にしているものにとって、クライアントの責任者との間でいつもやっかいで、同時に重要なことですが、セキュリティー監査それ自体を生業としているprofessionalもまた、我々と同様のやりきれなさを感じているのだと知りました。
日本官僚それ自体が悪いのでは決してないと思います。
ただ、彼らは、自分以外を信じません。
自分以外を、バカだと思っています。
バカでない人たちもいるのだろうけれど、それは、バカとの比率で言えば取るに足らないものであり、バカ用のメソッドを全てとしてしまうことを妨げる理由には足らないと思っています。
同じ人と人として、その人が持つ考えや、その人が持つプロフェッショナリズムに対する尊敬など、これっぽっちも感じられません。
フェアーではありません。
理論的ではありません。
あえて言うなら、メソッド至上主義なのかもしれません。
しかしそのメソッドも、「今までそれで動いてきたから」という理由のみが背景なのでしょう。
問題が、表立たなければ、その問題は存在しなかったことにされてしまうのです。
これらは、各企業の中にも存在する問題であることはあきらかです。
専門家でない方々もこの原告陳述書を隅から隅までお読みになって下さい。
あなたが置かれている日本的な環境の問題点をこれほど上手に浮き彫り
にしている文章はありません。

“住基ネットに対する最も大きいリスクはハッカーではありません。それは、総務省です。それは、政府の説明責任を否定しようと努力する弁護士の軍団です。それは、行動で問題に対処することよりも、一般国民の意見の相違を抑制することの方が良いと感じる総務省の職員です。”

MetaNotes: Ejovi Nuwere (イジョヴィ・ヌーワー)氏の3月14日証人尋問 原告陳述書

『Google Analytics 入門』Web版発見

“Google Analytics入門[ウェブ版]目次
* 第1回 ログインしてレポートを表示しよう
* 第2回 ダッシュボードの使い方をおぼえよう
* 第3回 レポートの使い方をおぼえよう
* 第4回 期間の使い方をおぼえよう
* 第5回 ユーザーはどこから誘導されているか?
* 第6回 訪問者はどの検索エンジンから来ているか?
* 第7回 どんな検索キーワードが使われているか? (10/5公開予定)
* 第8回 アドワーズ広告の費用や表示回数、出稿キーワードを分析したい (10/6公開予定)
* 第9回 効果的なキーワードは何か? (10/10公開予定)
* 第10回 目標に貢献している「検索」はどれか? (10/11公開予定)
* 第11回 検索結果とリスティング広告、どちらからのアクセスが多いのか? (10/12公開予定)
* 第12回 入り口になっているページはどこか? (10/13公開予定)
* 第13回 どんなページが人気ページなのか? (10/16公開予定)
* 第14回 思いもよらないページに人気が集まっているのはなぜか? (10/17公開予定)
* 第15回 人気ページが入れ替わってしまったのはなぜか? (10/18公開予定)
* 第16回 ユーザーをつかみきれていないページはどれか? (10/19公開予定)
* 第17回 お客さんはいったいどこで「飽きて」しまっているのか? (10/20公開予定)
* 第18回 ユーザーはグローバルナビゲーションを使っているか? (10/23公開予定)
* 第19回 トップページの「場所取り合戦」をやめさせたい (10/24公開予定)
* 第20回 テキストリンクとアイコン、ユーザーはどちらが好きか? (10/25公開予定)
* 第21回 入り口ページからユーザーはどんな動線をとっているのか? (10/26公開予定)
* 第22回 ユーザーはどんな環境であなたのWebサイトを見ているか? (10/27公開予定)
* 第23回 Flashの中の遷移はどうなっているか? (10/30公開予定)
* 第24回 PDFやWMVなどタグが埋め込めないコンテンツを解析したい (10/31公開予定)
* 第25回 実際の画面と照らし合わせてクリック数を見たい (11/1公開予定)
* 第26回 [コラム]サイトマップの再構成をしよう (11/2公開予定)”

Google Analytics入門 第1回 ログインしてレポートを表示しよう | Web担当者Forum

昨今のマイクロソフト事情

大丈夫なの?<Windows Vista

そして最後にさらに絶句したのは、「古川さん、そんなことを問題にしないでくださいよ..Windows Vistaの品質なんてRC1(出荷予定版の第1版)がレリースされたのに、もっとヒドイんですから…多分過去出荷した Windowsの各バージョンに比べて最低の品質だと思います。だって、出荷版のビルドエラーを起こして、マスターソースがコンパイル・リンクができなくなっちゃたけど、まぁ、良いかってノリでレリースしてしまってるんですから」なんて話を聞くにつけ、さらに寒いっ…

古川 享 ブログ: 大浦博久氏のマイクロソフト退社と昨今のマイクロソフト事情

白箱をいぢる 2(RAIDの再構築)

玄箱が有名であるほどには、白箱は知られていないようだ。
したがって、検索時のキーワードにも気を遣う。
白箱、グラタン、GLAN TANK、GLANTANK、SOTO-HDLGW …
「これは」…という名前が決まっていない。
どれも、知ってるやつは分かるけれど、知らないやつは分からない。
検索窓に、
「 グラタン OR 白箱 OR GLAN OR TANK OR GLANTANK OR SOTO-HDLGW “apt-line”」
なんてやらないとだめなのだ。
「白箱 “apt-line”」
程度じゃ、場合によっては重要な情報のページがhitしない。
この手の愚痴はこのくらいにして・・・
次の愚痴・・・(笑)
色々といぢっているうちに、ACCESSランプが点滅をやめないことに気づいたのです。
最初からだったようにも思いますが・・・
どうやら、RAIDがうまくいっていないと、こーなるらしいです。
ぢゃ、一応mdstatでも見てみるか・・・とsshで入ってrootになって、

GLANTANK:/home/admin# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [raid0] [raid1] [raid5]
md0 : active raid1 hda3[0]
312054528 blocks [2/1] [U_]
unused devices: <none>

あちゃーーーーー
2台目無視かよ・・・
ぢゃ、fdiskで状態を見てみるべと、

GLANTANK:/home/admin# fdisk -l /dev/hda
Disk /dev/hda: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/hda1 1 32 257008+ 83 Linux
/dev/hda2 33 64 257040 82 Linux swap / Solaris
/dev/hda3 65 38913 312054592+ fd Linux raid autodetect
※ここから1引いた値を後ほど、スタートシリンダの値に入力

hdaは大丈夫そうね。

GLANTANK:/home/admin# df -m
Filesystem 1M-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/md0 299959 1113 283610 1% /
tmpfs 62 1 62 1% /dev/shm
/dev/hda1 244 128 104 56% /boot

ぢゃ、領域解放して、RAIDの再構築ってやつをやってやるべと・・・
まずは、領域解放からですね。

GLANTANK:/home/admin# fdisk /dev/hdb
The number of cylinders for this disk is set to 38913.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:
1) software that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)
2) booting and partitioning software from other OSs
(e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)
Command (m for help): p
Disk /dev/hdb: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/hdb1 1 32 257008+ 83 Linux
/dev/hdb2 33 64 257040 82 Linux swap / Solaris
/dev/hdb3 65 38913 312054592+ fd Linux raid autodetect
Command (m for help): d
Partition number (1-4): 1
Command (m for help): d
Partition number (1-4): 2
Command (m for help): d
Selected partition 3
Command (m for help): p
Disk /dev/hdb: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Device Boot Start End Blocks Id System

おっけ。
続いて、新規で領域を確保して、パーティションタイプをLinux raid autodetectに変える

Command (m for help): n
Command action
e extended
p primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-38913, default 1): 64
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (64-38913, default 38913):
Using default value 38913
Command (m for help): t
Selected partition 1
Hex code (type L to list codes): fd
Changed system type of partition 1 to fd (Linux raid autodetect)
Command (m for help): p
Disk /dev/hdb: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/hdb1 64 38913 312062625 fd Linux raid autodetect
Command (m for help): w
The partition table has been altered!

ここまではOK。無問題(もーまんたい…ふるっ)。
さて、いよいよRAIDの再構築をやっぺ。
…ところが…

GLANTANK:/home/admin# raidhotadd /dev/md0 /dev/hdb1
bash: raidhotadd: command not found

とかなっちまう!
ぐぐったっけ、愛と悲しみのピアノレッスンさんの●HDDの追加とRAIDアレイに情報あり!

GLANTANK:/home/admin# mdadm –manage /dev/md0 –add /dev/hdb1
mdadm: hot added /dev/hdb1

気持ちよく逝ってくれた。
様子を見ると・・・

GLANTANK:/home/admin# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [raid0] [raid1] [raid5]
md0 : active raid1 hdb1[2] hda3[0]
312054528 blocks [2/1] [U_]
[>………………..] recovery = 0.3% (1016704/312054528) finish=302.2min speed=17152K/sec
unused devices: <none>

うまく逝ってますな。
ちなみに、RAID再構築前は、こんなだったのだからね。

GLANTANK:/home/admin# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [raid0] [raid1] [raid5]
md0 : active raid1 hda3[0]
312054528 blocks [2/1] [U_]
unused devices: <none>

そんでもって、数時間後RAID再構築が終わり、正常な状態になりました。

GLANTANK:/home/admin# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [raid0] [raid1] [raid5]
md0 : active raid1 hdb1[1] hda3[0]
312054528 blocks [2/2] [UU]

※100%終わってからしばらくはACCESSランプが速く点滅するという異常点滅状態は続きましたが、放っておいたら、ACCESSランプは消灯し、POWERランプの点灯のみになりました。

白箱をいぢる 1

先日来、アイオーデータの挑戦者ブランドから出ている「白箱」を購入して、あれこれといぢっている。

の二機種があり、
前者をLANTANK
後者をGLANTANK
と呼んだりする。
# ちなみに私が買ったのは、後者である。
# 両者の違いについては、I-O HACKのページがわかりやすいかも…
この二機種を総称して、「白箱」と呼ばれているのだけれど、どう考えても「玄人指向」の「玄箱(くろばこ」)のもじりであろう。
白箱関連の本も数冊出ていたので、「白箱BOOK」と「白箱の本」を購入。
後でわかったのだけれど、本はどれも、LANTANKについて書かれたものであり、少しずつGLANTANKの状況とは異なる。
このあたりの問題が、ネット上の情報についても言えるのだ。
つまり、GLANTANKのことだと思って読んでいると、LANTANKの話だったりする。
場合によっては、GLANTANKでもLANTANKでも共通の話だったり、そうでなかったりする。

水曜どうでしょう 最新版 クランクインか?!

全国 1億3千万の「どうバカ」のみなさん、こんにちわ。
さて、皆さんお馴染みの「水曜どうでしょうofficial website」の2006/8/22付けの日記にこんなことが書かれています。

しばらく旅に出ます。留守をよろしく。・・・どうでしょう班

ん〜・・・
そー来ましたか…
では、ミスターってばどーよ!と…
CREATIVE OFFICE CUE の社長室には、

しばらく、社長室を空けます。では、皆さん、お元気で!

みなさん、間違いなさそーですよ…
クランクインで・・・・ございます。

Japanize — 外国語サイトのユーザーインターフェースを日本語化する試み

「Firefoxに Japanize エクステンション(機能拡張) をインストールするだけで、外国語ページのインターフェースが日本語される」と聞いたら、どう思いますか?
Web翻訳サービスとかを想像したでしょうか。
いえいえ、Web翻訳サービスなんて現実には使い物になりません。
ご存じですよね。
「外国語ページのインターフェース」?????
「インターフェース」では、あまりにもぼんやりしているので、
「メニュー」と言い換えると、イメージがつくでしょうか?
要は、こうなります。

yahoo.com

Japanize yahoo.com

メニューを日本語化した程度で、なんの意味があるの?
・・・試してみて下さい。・・・
もっすご、意識が楽になります。
英語読むのがイヤじゃなくなります。
つーか、自然にはいります。
ん〜・・・・・うまく言えないけど、
私の場合、ストレスがすっごく減りました。
英語だけじゃなくて、英語以外の非日本語サイトでの Japanize の実現が待たれます。
Japanize
http://japanize.31tools.com/
対応サイトリスト
http://japanize.31tools.com/index.cgi/list

VMware for Mac OS X Public Beta がアナウンスされました

Vmware for Mac OS X

先日、Parallelsが正式リリースされましたが、いよいよ VMware ですな。
仕事でWindowsを使わざるを得ないマカーなあなた。
VPC の開発が止まっていることに不安なあなた。
Parallels 以外の選択肢が出てきましたよ。
フリーってすばらしい!
とりあえず、ここで、名前やメアド、所属などを登録して待つべし。
利用可能になれば連絡が来るらしいですぜ、だんな。

動画再生用 CODEC Mac OS X 向け

ここ何週間かで、PC 未経験者を含めて数人、そそのかしてマカーにして差し上げました。
その方々へのメモ。
下記のサイト「お気楽 CODEC 講座 – 初心者のコーデック基礎」が分かりやすいよ。
あと、ここも↓
OSX-「NAVI:MacOSXの動画再生ソフト(DivX,XviDなど)」
と、他力本願。←私のお家芸
プレイヤーは、基本三点とも、インストールしておこうね。
ただし、Windows MediaPlayer for Mac X は、開発中止宣言済みでございます。最新は9ですな。
詳しくは、このへん。ま、曰く、

MacintoshユーザーはWindows Media Components for QuickTimeを利用することで,Windows MediaフォーマットのビデオおよびオーディオをQuickTime PlayerやSafariで再生できる。同コンポーネントはMicrosoftのWebサイト,あるいはTelestreamのWebサイトから無償でダウンロード可能。

CODECは、DivX と XviDくらいは入れておいた方がいいだしょね。
しくよろ。

Erik Mongrain というギタリスト

すっげー!
とにかく、こんな弾き方するギタリスト、見たことない…
単純に耳で聞いただけなら、少なくとも複数のギタリストの音だと思うはず。
時間のない方は、PercusienFaAir Tap!という二つのMovieだけでも見てみそ。
で、ご本人が、YouTubeで、続々とアップしているみたいなので、
詳しくは、そちらで。

Web標準の日

SEO とは、Search Engine Optimizationの略で、直訳すると、「検索エンジン最適化」となる…なんてことは、Web関係で飯を食っている人たちには、おなじみの話ですね。
要は、Google や Yahoo などの検索エンジンで、検索結果上位に来るようにする技術のことです。
ただし、ご存じのように、各検索エンジンは、アルゴリズムのロジックの基本を公開しているにすぎず、具体的な方法論となると、仮説→トライ→エラーの繰り返しで、見つけ出すしかない。
しかし逆に、「明らかに検索エンジン対策」という色気むんむんのサイトについては、場合によっては、“Google八分” と呼ばれるような状態にもなりかねない。
サイトを作成する側が、Google など検索エンジンの顔色をうかがうことに終始し、
検索エンジンは、アクセス者に「重要性の高いサイト」を優先して表示しようとやっきになることは、
それぞれのプロセスで、間違いがなければ、大変結構なことだと思うのですが…
残念ながら、サイトによって、また、検索エンジンによって、そーでないことも、散見されます。
さて、SEO と言うと、単純に、HTMLやCSSなどのコーディングでの工夫という部分と、それ以外の部分があります。
「それ以外の部分」については、また後日に譲るとして、「コーディング」部分でのSEOということについて考えてみます。
本来、HTMLは、「文書の構造」を規定するものであるわけです。
対して、CSS は、ページの見た目を規定するものと…
これらをしっかりとわけましょねと…
こーゆーことを指して、「構造と表現の分離」なんて言います。

Web標準の日

CSSが取りざたされ始めた1996年以降、よく言われた言葉であり、これの出来ていないサイトを指して、「行儀の悪いサイト」などとバカにしたりされて来ました。
ええ、確かに行儀というか作法の誤ったサイトは多いです。
理由の一端は、Web作成ツールの一部*1に、見た目を各ブラウザで統一するために、Tableタグを多用する設計になっていたモノにも認められるでしょう。
しかし、元々の根源は、各ブラウザが、Web標準の規格を無視し続けてきた*2ことにつきるのではないでしょうか?
で、そのWeb標準ってなによ?と…
いうあたりの話なのですが…
[Web標準の日](The Day of
Web Standards)と題したイベントが7月15日に開かれます。

  • 注1例えば一時期のGoLive
  • 注2特にIEは、Shareが大きいくせに、最悪です。PING形式に対応せず、独自タグを乱発し、CSSの扱いにも癖があります

NP_MultipleCategories と NP_ContentsList

サブカテゴライズしたい!→NP_MultipleCategories
カテゴリの表示順をカスタマイズしたい→NP_ContentsList
までは、わかるのですよ。
サブカテゴライズしたカテゴリについて、サブカテゴリを含んで、表示順をカスタマイズしたい場合は、どーすんの?
ということで、以下の2つのページを読んで、やっとわかりました。

NP_ShowBlogs

なんだか使い方だとか、ファイルだとか、○○対応だとか、いろいろと情報が錯綜している感のあるNP_ShowBlogsですが、
最新はどーやら「NP_ShowBlogs v2.5」のようです。
プラグインの編集オプションについては↓
http://japan.nucleuscms.org/bb/viewtopic.php?t=355
基本的な使い方は↓
http://nakahara21.com/index.php?itemid=335
それにしても、こんな重要なプラグインの情報が、あちこちに散らばっていては…。
わかり次第、リンクだけでもまとめようと思ったり思わなかったりします。

NP_MultipleCategories / NP_ShowBlogs / NP_TagEX

私が管理している某サイトのNucleusでサブカテゴライズするために、NP_MultipleCategoriesを使用しています。
このサイトは、公開準備中なので、日々準備を進めているところなのですが、
NP_ShowBlogs (まみおさん制作)も入れなきゃだよな…
 ん?
 NP_ShowBlogsって、スキンのBlog(ほげほげ)の替わりに、ShowBlogs(ほげほげ)って書くんだったよなぁ…NP_Multiple Categories も同じところに、同じ方法で記述するんだよなぁ…」
かぶるんじゃね?
早速、“MultipleCategories” と“ShowBlogs”でググったところ、
Nucleus(JP)フォーラム内に「NP_ShowBlogs2.00を使ったナビゲーション機能の設置」というスレを発見。
どーやら、「NP_MultipleCategories 対応のNP_ShowBlogs」(Takaさん制作)があるらしい。
http://reverb.jp/vivian/download.php?itemid=NP_MultipleCategories

ここの中程、「対応プラグイン」のところにありました。
おかげで、またもや、がりがりとうっとぉしい作業をしなくて済みます。
毎度、お世話になります。m(_”_)m>まみおさん Takaさん
めでたしめでたし・・・のはずが、「NP_MultipleCategories 対応のNP_ShowBlogs」だと、NP_TagEXが効かない。
まみおさんちのNP_TagEXの使い方ページを読むと、「NP_ShowBlogs2004.zip」を使えとあったので、アンインストール + 再インストールで、うまくいった。
[06/06/18追記]
現在のNP_ShowBlogs最新はどーやら「NP_ShowBlogs v2.5」のようなので、再度これに変更。
ちなみに、ShowBlogsをv2.5にすると、無限サブカテゴライズできる「NP_MultipleCategories 0.40」が使えるとのこと。
そんじゃ…というわけで、NP_MultipleCategories も NP_MultipleCategories 0.40にアップ…と思ったら、
Nucleus(JP)フォーラムのこのあたりで、「NP_MultipleCategories0401j」なるものを発見。
ものはついでと、こっちを採用。
NP_MultipleCategoriesの、以前のヴァージョンからのアップデートは、アンインストールとかしちゃだめで、

  1. プラグインファイル(と関連フォルダ)の上書き
  2. プラグイン管理→Multiple Categories→管理…とたどると、「データベースのアップデート」を促されるので、アップデートをぽちっとな。

てな感じです。

核兵器反対サイトwww.global-nuclear.org に注意!

スラッシュドットによりますと…
(あえてNo Link)www.global-nuclear.org(/あえてNo Link)という核兵器反対の署名を求めるサイトが、あやしいSPAMメールの温床となっているようです。

lux曰く、”ここ数日、www.global-nuclear.org(あえてリンクなし)へ誘導するメールが多数届きます(日本語や英語など複数のバージョンがあるようです)。上記サイトでは核兵器反対の署名を求めているのですが、ここにメールアドレスを登録すると 登録したメールアドレスを差出人にした誘導メールが大量に送信されるそうです。

悪意のあるサイト運営者のせいであるのか、乗っ取りのたぐいであるのか、よくはわかりませんが、核兵器反対の署名を求めているサイトであることを悪用している手口を見ると、どこかの国の歪んだ愛国集団なのでしょうか?

映画『カーズ』にロードスターが!

映画『カーズ(The Cars)』に日本車では唯一、ロードスターが出演している事実が判明した!
中日スポーツによると

ディズニー&ピクサーのアニメ映画「カーズ」(7月1日から名古屋・ピカデリーなどで公開)に、日本車として唯一、マツダのユーノス・ロードスター(現マツダ・ロードスター)が登場していることが、21日分かった。
ネタ元:[中日スポーツ]

とのこと。
で、ごちょごちょとググると…

知ってました?
このカーズのポスターには、日本車も載っているんですよ!
それは、マツダのユーノス・ロードスターなのです。この絵じゃちょっと小さいからあんまりわかんないですよね(苦笑)
ネタ元:[映画『カーズ』blog]

なんていう情報を発見!
どれだ?!
どの車だ!?


これだ!!!
映画『カーズ』にロードスターが!
赤のNAですな…
以上、ロートスター乗りからのお知らせでした。

Apple 発表!Intel Mac で Windows の利用を可能に (Boot Camp)!

最近Macな人々の間で、とみに話題に上っていたことといえば、Intel Mac で、Windows を動かす話。
なんだかんだ言ったところで、コンピュータを飯のタネにしている人間でなくても、仕事上コンピュータを使う方で、Windowsを触らずに済むという運のいいヒトは、ほとんどいません。
Macな人々も、仕事ではWindowsを 望まなくても使わざるを得ません。
かく言う私も、仕事上、しようがなく VAIO を、PowerBook G4 17’と同時に持ち歩いています。
車で移動している場合はまだしも、新幹線での移動でも、この二つのノートPC(しかも片方は、17インチ)を、他の手荷物と併せて持ち歩かなければならないのには、辟易します。

XP on iMac

自然の成り行きとして、
「Intel Core のMac になってしまったのなら、ついでに、Windows の起動もできたら…」
そう思った Colin Nederkoorn なる人物が、自分のポケットマネー100ドルを出してWindows XP on Intel Macコンテストを開催しました。
そして、米国時間3月9日にApple関係者からの話として
「Intel MacではWindows Vistaは動かない」なんてのが取りざたされました。
ところが結局3月中頃、narf氏 とプログラマーblanka氏が、Windows XP / Mac OS Xデュアルブート方法を実現させ、賞金13,854ドル(約160万円)*1を勝ち取りました。
ということで、「IntelMacにWindowsXPをインストールする」ことが現実味を帯び、「やってみましたよ〜」的なサイトが散見されます。
http://okamot.com/mt/archives/001313.html

Boot Camp

そして、今回!
Apple さんから、Intel CPU搭載のMacintoshでWindows XPの利用を可能にするソフトウェア「Boot Camp」のパブリックベータ版が発表されました!
この間わずか一ヶ月たらず!
めまぐるしい動きです。

  • 注1当初の100ドルから始まったものの、賛同する多くの支援者のおかげで膨らんだ

Continue reading Apple 発表!Intel Mac で Windows の利用を可能に (Boot Camp)!

terminal の コマンドライン 上で、DVDを焼く

ターミナル を使って、CD を焼くのはよくやっていましたが、DVDってコマンドラインから焼いたことありません。
同じコマンドでOKな気がしますが、やったことありません。
おそらく、AppleScript とかから、do shell で呼び出すようなシチュエーションがあるだろーなと思い、やってみました。
※無線LAN経由の玄箱(NAS)にある ISO ファイルを焼いてみました。

PowerBook:~ bison$ hdiutil burn /Volumes/192.168.1.199/GANTZ/1_4.ISO
Please insert a disc:
ディスクに書き込むデータを準備中
セッションを開いています
トラックを開いています
トラックを書き込み中
…………………………………………………………………………………………….
トラックを閉じています
…………………………………………………………………………………………….
セッションを閉じています
ディスクの作成を終了中
ディスク作成の検証中…
検証
……………………………………………………………………………………………..
ディスクの作成は問題なく完了しました
……………………………………………………………………………………………..
hdiutil: burn: completed

問題なく完了。
作成完了までに40分。検証にその後20分。
・4GB超のファイルであること…
・無線LAN経由であること…
・実は、当該NASには、同一無線LAN上の別マシンから、くそでかいデータの書込中だったこと…
などを思えば、合格ですね。

裏DVD屋さんの宣伝実態

衝撃的ですな。
タイトルだけ。
実は、先ほど、掲示板荒らしも色気づいてきたというエントリに、裏DVD屋さんからの広報活動とおぼしきコメントがつけられました。
で、ですね。。。
数日前に、アクセス解析用プラグインをしこんでいたので、「なんでうちへ来たの?」という疑問を解き明かすべく、その詳細を追ってみましょう。
本日、08:28:36:KHP222226254195.ppp-bb.dion.ne.jp氏が当Blogへお越しになったのは、Google にて、“女子高生 掲示板 name” というキーワードの検索結果からでした。
女子高生というキーワードは、説明不要でしょう。
その後の、「掲示板」も、掲示板など書込宣伝のできるところということですね。
しかし最もふるっていたのは、「name」というキーワードでしょう。
書込テキストボックスあたりの「name」という文字列でも想像なさったのでしょうが、当サイト内の当該記事が hit した「name」文字列は、左サイドメニューのPLUGIN LIST にあった「 List articles by name (v0.1)」の「name」文字列でございました。はい。
当該記事は、上記キーワードで、72位というへっぽこ順位でございます。ということはですよ。宣伝マン氏のお手間に思いを致しますに…
おそらく、71個の記事中いくかの書込可能な掲示板なりBlogコメントなりにせっせと書込をなさった末のことなのでございましょう。
時間から察するに、徹夜での作業でいらっしゃったのでしょうか…
08:28:52 には、「どーだ!ちゃんと書込できたかなー?!」と作業の確認まで済ませ、お帰りになっておられます。
来訪→作業→確認まででなんと、16秒という仕事の速さでいらっしゃいます。
その間、もちろんではございますが、仕事人が、他の記事エントリのたぐいにココロ奪われることなど一切なく、ただただ、作業だけをし、よそ見などせず、超人的な滞在時間で、お帰りになったわけです。
いやいや…
すてきだ…
素敵すぎる…
仕事人でございますねぇ。
あ、当該記事は、コメント出来ないように致しましたけれどあしからずご了承下さいませ。
ちなみに、Googleにて“KHP222226254195.ppp-bb.dion.ne.jp”氏のお仕事を検索しますと、現在62件hit します。

Windows Media Player での MPEG2 Codec

「Windows Media Player で、MPEG2のファイルを再生しても音しか出てこないよぉママン…」との相談あり。
「(あたしゃママンでもないし)そらあーた!コーデックが入ってないということでしょ」と1×8の木村っぽく吐き捨てるように電話を切った。
「こぉでっくってどこに行けば売ってるのぉ〜…」
…そんなあなたには、下記参照ということで…
SourceForge.netの
ここMpegDecoder012.msiがブツですぜ旦那。
ダウンロードしたら、ダブルクリックでインストール。しくよろ。

分割送受信について(Partial message)

クライアントから以下のような相談が来ました。

顧客にJPEG画像添付のメールを送ったところ、何行かの英語が書かれているメールが17通来ただけで、画像が見えないと言われたのですが、どーゆーことでしょ?

じゃ、同じものを、私のメアドに送ってみて下さいな…とお願いしました。
すると…

Partial message, part 1 of 17
To read this message, select all of the parts of the message and select the Message –> MIME –> Combine Messages menu item.

というようなものが17通。*1
昔、添付ファイルのあるメール本文をエディタにコピペして出来たテキストファイルをStuffItでデコードしていた思い出がよみがえります。
とりあえず、色々と調べた結果、Outlook Express とか、Outlook 2000 とか*2の分割送受信機能が元凶のようです。
具体的には、

  1. [ツール]→[アカウント]で「インターネットアカウント」を表示
  2. [メール]というタブをクリックしてメールのアカウントを表示
  3. 当該アカウントを選択後、[プロパティ]ボタンをクリック
  4. プロパティウィンドウの[詳細設定]タブをクリック
  5. 次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する」のチェックをはずす*3
  6. OKだかなんだかで全部閉じる

というようにOutlook Express の設定を変えてやることで、問題は解決しました。
確かに、大昔なら、フロッピーディスクに入りきれないデータのバックアップに、セグメント化したこともあるけれど、今時、一通の添付ファイル付きメールを複数に分化し、送信サーバの目をごまかして、大きなファイルを送るというやり方にせこさを感じます。
元々、メール1通あたりの容量による送信制限は、
「くそでかいファイルをメール添付で送りつけること自体が望ましくない」
という意味からであり、
「くそでかいファイルでも分割するならいいよ」
ということには繋がりようがないではありませんか。
相も変わらず、Windowsはうっとおしいものです。
おまけに、分割の基準初期値は、60KBだそうです。
送信サーバの制限でも60KB以上は送られませんというところはないだろうに…
それともあれでしょうか?
ニュースグループへの投稿するときと共通の設定という変な仕様のせい?

  • 注1もちろん“part 1 of 17”の部分は、各メール共にカウントアップした記述です
  • 注2Outlook 2002 /2003 ではこの機能はなくなっているらしい
  • 注3この下の○○KBの部分が分割基準サイズ

antivirus tool は VirusBarrier X4 がいいそーな。

VirusBarrier X4

Mac OS X用の アンチヴィールスツールって決定版みたいのが存在しないと思っていた。
ところが、このあたりのレポートによると、VirusBarrier X4 が結構良さげ。
同じ、intego社の製品で、Personal Backup X4 ってのも同じようにI/Fがユーザフレンドリーですな。

act2のページを見ると、昨日まで、goodsプレゼントキャンペーンやってたのね。
http://www.act2.com/campaign/2006/01/integomagnet/index.html

タッチパネルインターフェースの最先端

multitouchreel

Think Secret の記事によると、次世代iPodにデバイス全体を覆うタッチパネル方式が採用されるかもしれないとのこと。
クリックホイールは、第一世代のiPidでは、物理的に回転したが、現行のものは、物理的には回転しないホイールを指でなぞる方式になっています。
それが、今度は、仮想のクリックホイールが、タッチパネル上に現れて、これを操作するという話です。
すっげー!
今までのタッチパネルインターフェースというと、ポインティングデバイスである『マウスの代わり』のレベルを一歩も出ていないものばかりでした。
せいぜい、近頃TVで見られる、「キャスターが新聞の映ったタッチパネルを指で操作して、拡大したり、移動したりという形式」が関の山でしょう。
さて、タッチパネルのインターフェースは、どこまで行っているのかとなると…ニューヨーク大学のサイトにで実用レベルのすごいデモンストレーションの動画があります。
http://www.youtube.com/?v=iVI6xw9Zph8
http://mrl.nyu.edu/~jhan/ftirtouch/
えらいことになってます。
移動はもちろん、両手を使って、変形やら回転やら、拡大やら…
何がすごいって、操作方法が、すこぶる自然というか、わかりやすいというか…感覚的です。
何というかもー…
…勘弁できません!(意味不明)

Gravitizer

なんだかすごく笑えるSPAMメールがやってきた!

Subject: Try new sex positions!
Gravitizer is a sex tool, which brings dozens of new positions for you to try!
New positions. Go beyond KamaSutra by practising positions you would never perform without Gravitizer!
Standard positions. Gravitizer saves energy in standard positions. By minimizing the amount of energy
and attention spent on the mechanical routine of sex you can maximize the sensation of sex itself.
使い方サンプル1使い方サンプル2
商品画像

なんだか、いつものいい加減な和訳すらためらわれる内容ですな。
そして、ポーザーかなんかで作られたと思われる素敵な「使い方サンプルイメージ」が2つ貼り付けてあります。
これが、じっと見ていると、ごっつ笑える!
下段は、ググってハケーンした商品画像!
やっぱ、椅子の座面様部分に、ANAが空いているわけですか…
洗濯とかさ…
大変そーでさ…
やっぱ、イヤじゃない?
あ、ちなみに、肝心の商品サイトは、DNSエラーでアクセスできませんでした。
だめじゃん!>SPAM屋さん
(060303:追記)
上記の画像程度で驚いていたら真のGravitizerじゃないらしい。( – -;;
http://www.alexallied.com/life/the-gravitizer-18sx

PainStation

Hall_of_Pain

ゲームで失敗すると本当に痛いゲーム機なんだそーな。
http://www.painstation.de/new/index.html
ん〜上記URLサイト内部の痛々しげな数々の写真を見るにつけ…
サイトのクールなよーな、近代的なよーなデザインも符合して…
何やら、痛いの好きな系の好き者サイトに見えてきた。
日本上陸だそーな。
つーか、Hall_of_Pain って…
直訳したら「痛みの間」?
もしくは、「苦痛の殿堂」?
趣味ワルっ!

VMware Player ・VMware Server フリーで公開

VMware PlayerVMware Serverなんて面白そうなのがフリーでVMware社から公開されているらしい。
PC上で、別のPCOSをエミュレートして走らせられるとのこと。
ま、そーとトロそーだけど…
新MacminiのRosettaで、Virtual PCを動かして、その上で走るWindows XP上で、VMwareを走らせて、そんでもって、そんでもって…ソリティアでもしてみたい。(嘘)
(以下2006/04/07追記)
その後、VMware社は仮想マシン環境の定義とディスクフォーマットの規格も無償公開すると発表した。

MVC ついでに、Xoops だとか、Smarty だとか…

テンプレートエンジンに Smarty を使って、Xoops + MySQL でいくってのが、やはり、王道なのだろーか?
よく考えたら、Smarty も研究が足りないかも…
とりあえず、ITmediaのこのあたりに紹介めいた話だけあるので、興味のある人はどぞ。
Smartyがらみの書籍を調べると、Amazonで和書での検索では、一冊しかhitしないですね。
Smarty入門~PHP5+テンプレート・エンジンでつくるMVCアプリケーション~という虹色カバーの本です。
ん?あ、これ持ってます。はい。
まだ、半分も読んでないけど…
ちなみに、この本の著者山田さんのサイト(WINGS)で、サーバサイド技術関連 オンライン公開記事なるものをハケーン!

Python だの zope だの plone だの…

動的サイトの構築は、中小企業や個人を含めた多くのサイトで必要性は増すばかりだと思われます。
理由は、簡単。

  • 更新作業担当者がコンテンツに集中できる
  • アクセス者にわかりやすく、統一のとれたwebインターフェースの提供が容易にできる
  • DB部分と見せ方部分の分化により、DBに入力されたデータが無駄にならない

要は、今まで高いお金を払った大企業相手にしか提供されなかったシステムに近いものが、比較的容易に使用できる方向にあることは間違いないでしょう。
さて、どーして高いお金が必要だったのか・・・
黎明期は、完全なカスタムシステムだった→開発費に金がかかる
第二期は、カスタマイズする元となる(テンプレート)システムが高い
てな話なのでしょうね。
ところが、世はBlog時代。
Blogだって、一種のCMSとして利用できます。
というより、CMS代わりにBlogを利用しているブロガーは多いといった方が適切でしょうか。
で、具体的に何使ってやれっつーの?
フリーじゃなければ、使えないしさ…
ってなことで、実績のあるXoopsかなとかいろいろと試行錯誤してきた私な訳です。
というようなことで、表題の組み合わせが、おいしそーであると。
実績だって、NATOの内部システムだのなんだのとたっぷりあるわけだし…
このエントリは、そのあたりを調べたときのURLメモです。
2006/03/03追記:
著しくわかりやすいのがここ
http://www.zope.co.jp/siryo/

Continue reading Python だの zope だの plone だの…

「許可なく転載禁止」という断り書きについて

とかく著作権というやつは、ややこしいが、Webサイトのコンテンツの著作権となると、更にややこしい。
まして、メールマガジンのコンテンツに対する著作権なんて、もひとつ、うっとぉしい。
以下、デジタルクリエイターズのメールマガジンを例に出すが、私は、デジクリの愛読者であると同時に、相当のファンであることを最初にことわっておく。
日刊デジタルクリエーターズ(http://www.dgcr.com/)
デジクリの(とくに茂田氏や永吉氏の)文章はおもしろく有益なのでメールマガジンを愛読しているが、毎号の文末にある

許可なく転載することを禁じます

には、納得がいかない。
Webサイト上でよく目にする
All Rights reserved by XX
などという断り書きは、「文責:XX」に大差ない記述である。
「自分が書いたようにして転載しないでね」といった程度の意味である。
本来、著作権とは、著作者が被るべき利益を横取りされることを禁じる目的でのみ主張されるべきである。
出典を明示して、内容をサマライズした程度の文章を書こうとする際にまで、転載に許可を求めるというのは、「行き過ぎ」という感をぬぐえない。
メールマガジンは、配信を希望する人間のあいだのみという限定性を持つことは事実である。
しかし、くだんのメルマガについては、サイト上で、バックナンバーがリアルタイムで見られる状態にある。
つまり、メールマガジンの内容であっても、それは、Webサイト上のコンテンツとも言える状態だ。
Webサイト上のコンテンツは、出所出典を明らかにすることを条件に、許可なく転載可能であるべきでななかろうか。
文章の内容はもちろん、その文体にこそ価値のあるデジクリである。
自分が書いたことにして転載したならば、それは、転載ではなく、盗作である。
盗作ではなく、転載については、いたずらに許可を求めることを止めて、

転載については、出所出典を明示し、URLを必ず付加することを条件に、ご自由に

というのが、この場合のあるべき姿であると私は思う。