原爆60年:米テネシー州で記念行事 日本人との間に溝(毎日新聞)
メロスは走った。
メロスは偉い。
そーかな・・・と思った、幼い頃の記憶。
メロスの子供だったら・・・
メロスの奥さんだったら・・・
偉くなんかないでしょ。
逃げようよ!父ちゃん・・・でしょ。やっぱ。
真実なんてものは、ひとりひとり違うのさ。
にもかかわらず、自分の真実を人に押し売りすることになんの意味があるのか。
キリスト教原理主義団体の肝いりで当選したどっかの国の大統領が、イスラム教原理主義の国を攻撃しました。
世界中一人残らず、自分の意見にうなずかせたいのでしょうか?
「そーですね!」のかけ声は、アルタの観衆にまかせておけばいいのに・・・
八百万の神々がいる国の私には理解できません。
「原爆は悪しき兵器である」という意識は私にもある。
しかしそれより「戦争自体が二度と繰り返してはならないことなのだ」という意識の方がむしろ、多くの日本人にとって、しっくりと来るのではないだろうか?
何よりも、原爆の話をするときに、「米国のせいで・・・」などと言う声は、聞いたことがない。
私自身、広島出身でもなければ、原爆や戦争に特に興味があるわけでもないので、聞いたことがないだけなのかもしれないけれど、事実として私は、聞いたことがない。
「戦争が悪い」
「悲しい結果が必然的に降ってくる戦争を繰り返してはいけない」
そういう声は何度も聞いたし、そういう教育を受けてきている。
翻って、米国はどうか?
たしかに、「戦争を終わらせるためには、必要不可欠なことだった」という意見を最初に聞いたときには、
「そらないやろぉ・・・」と思ったが、(不謹慎かも知れないが)全くのよそ事として考えたときに、
「そういう考え方もあるにはあるんやろな・・・」という程度には受け止めることもできた。
その時点では、他の選択肢がなかったんだ」までは百歩譲って、理解しよう。
しかし、「したがって、原爆投下は、唯一無二の正義である!」
と声を荒げて正当性を主張するには、あまりにお鉢が薄っぺらい。
なぜなら、問題は、『その時点』へ至る『戦争』そのものなのだ。
戦争の当事者たる国々は、戦勝国・敗戦国を問わず、そこをこそ反省すべきである。
原爆を作った国の人たちが、「原爆は戦争終結の立役者なのだ。だから、『悪魔の兵器』扱いするな」というなら、
原爆によって傷ついた国の人たちは、
「いや、悪魔の兵器だ。悪魔の兵器を作った奴らは、悪魔だ」などと言ってはいない。
「戦争終結にどうしても原爆が必要になるような『戦争』なんてものは二度と繰り返してはいけない」
と応えるだけの話だ。
走ったメロスが、必ずしも偉いわけではないとしても
「生きろ!セリヌンティウスの分まで!」
などと言えるほど、私は厚顔無恥ではない。

7 thoughts on “日米間の原爆への認識のずれ:完全な私見

  1. 8月のこの時期にいつも思うことがあるのですが、このブログを見て少しスッキリしました。
    政治的なコメントはほぼ同じ意見なのでまたちょこちょこ来ます。

  2. はじめまして>ウメボシさん
    コメントありがとうございます。
    私は「私の思うことがmajorityだ」などとは思っていません。
    むしろ今まで生きてきて、「結構かわってるのかも・・・」と思わされることの方が多かったようにも思います。
    でも、「少しスッキリした」とおっしゃっていただけると顔がほころぶものですね。(^-^)
    あくまで主観は主観ですが、「少しでも客観的たらんとの努力を続けよう」とだけは思います。
    長く付き合う友人たちも、考え方や意見こそ異なりますが、
    自分自身の意見を人に伝える前に、「はたしてそうなのか?」と逆の立場で疑ってみるという作業だけは惜しまない奴らです。
    そのことを、私は、大変うれしく感じます。
    結論としての意見が私と友人とでは異なっていても。
    Blog名どおり、私の脳みその中身をつれづれにメモしているだけの生産性のないサイトではありますが、もし気が向けば、また来てやって下さい。

  3. 前回初めてにも関わらず、挨拶もなくコメントのみ書き込んでいってしまい大変失礼なことをしてしまいました。
    そんな私に対し丁寧なコメントありがとうございます。
    今後も失礼な事があるかも知れませんが、よろしくお願いします。
    『つれづれにメモしているだけの生産性のないサイト』とてもいい響きです。好きです。
    真剣にたゆむような矛盾だらけの私の日々に、なんだか心地よい(意見が違っていたとしても)
    のでまた来ます。

  4. 矛盾だらけだから面白いんじゃい!と居直って、問題を、一旦 脇に置いて、視線をあげないと見えないものがあるってーのも、
    経験則上、真理です。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)