日本の国連常任理事国入りが難しい。
中国や韓国が、「大戦時に日本が犯した罪に対する謝罪が済んでいない」と反対する。
村山総理大臣の時代に、ちゃんと謝っているが、小泉さんは靖国参拝を止めようとしない。
「ドイツはちゃんと謝っている」と韓国がドイツを褒めちぎったらしい
全てナチスのせいにできるドイツとは事情が違う気もするが、小泉さんの意固地さもどうかと思う。
「靖国参拝を止める」という『外交カード』の値打ちを上げる目的だとすると、もっと馬鹿だ。
中国や韓国は、また違う言い方で、「謝罪がたらん」と言うのは明白ではないか。
米国、イギリス、フランス、ロシア、中国いずれも、日本を常任理事国になんて考えてもいないはずだ。
さて、世界的に見ても、日本ほど、国連に清廉潔白な印象を抱いている民族は少ないだろう。
しかし、そもそも、国連は第二次大戦戦勝国が作ったものである。
60年たって、未だ、『敗戦国』であることが、しっかりと影響しているのだ。
政治家は、『国益』を考えないといけないらしい。
「自分の国が得をすること」は、「代わりに他の国が不当に損をすること」であっても国益なのだろうか?
「そんなのは国益とは言えない。世界中が平和であるための行動は、各国の尊厳や利益を守ることと同じくらい大切なのだ!」とでいう行動を日本がとれば、
「戦勝国ばかりで、常任理事国を固めた国連が、よりフェアになるためには、日本のような国の常任理事国入りは大賛成だ!」という現常任理事国が存在するかどうかは分からないが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)