「Firefoxに Japanize エクステンション(機能拡張) をインストールするだけで、外国語ページのインターフェースが日本語される」と聞いたら、どう思いますか?
Web翻訳サービスとかを想像したでしょうか。
いえいえ、Web翻訳サービスなんて現実には使い物になりません。
ご存じですよね。
「外国語ページのインターフェース」?????
「インターフェース」では、あまりにもぼんやりしているので、
「メニュー」と言い換えると、イメージがつくでしょうか?
要は、こうなります。

yahoo.com

Japanize yahoo.com

メニューを日本語化した程度で、なんの意味があるの?
・・・試してみて下さい。・・・
もっすご、意識が楽になります。
英語読むのがイヤじゃなくなります。
つーか、自然にはいります。
ん〜・・・・・うまく言えないけど、
私の場合、ストレスがすっごく減りました。
英語だけじゃなくて、英語以外の非日本語サイトでの Japanize の実現が待たれます。
Japanize
http://japanize.31tools.com/
対応サイトリスト
http://japanize.31tools.com/index.cgi/list

2 thoughts on “Japanize — 外国語サイトのユーザーインターフェースを日本語化する試み

  1. でも確かに抵抗が少ないね。
    いつか対応サイトにたどり着いたときにニヤリとする事にしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)