ムダに明るい裸の男の声が、カラカラと響き渡る。
和気藹々としていた職場が、一瞬で不機嫌になる…

… いや、反省していないわけではない。
むやみに話の中心になりたがっているのでもない。
ましてや今更、誰かを笑わせたいのでは決してない。

この手のシチュエーションの場合、男にはそれしか思いつかないのだ。
いや、思いつかないというのは正確ではない。
それしかやったことがない。
他の「刺激に対する反応」を選んでいるうちに、「とき」は来てしまう。

皆が思うほど、男は、KY ではない。

「今、反応しなければならない!」
「今、何か言わなければならない!」
「… 今、この瞬間だ!」

きっと、「瞬間」は合っているのだ。
間違っているのは、「行動」「セリフ」「声」…

悪いやつじゃないんだが…またやっちまったな…
また「へたこいた…」わけだ。

一度ずつの春夏秋冬
どんなときも職場では裸で通した彼だ。
寒気はもう感じない。
ただ、めまい と はきけ は 日々強くなっている。

もはや、覚醒していながらにして、人事不省に陥っている。
これが現実かどうかすら確かではない。

同じシーンを見た「だれかの記憶」なのかもしれない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)