eZ Publish インストールでの エラー と 対処法 (4.1.1 With eZ Components にて解決済)

eZ Publish は、海外では非常に定評のある CMS です。

仏ナショナル・ジオグラフィック誌豪ヴォーグ誌英・仏・伊エル誌などの出版メディアの公式Webサイト などでも使用され、MIT (Massachusetts Institute of Technology) や 米海軍 などでの使用実績もあるようです。

eZ Systems 社 による サポート (eZ Publish ソリューション) は有料ですが、eZ Publish 自体は GPL (GNU Public License) です。

何事も体験してみないことには、論じられませんので、インストールしてみました。

後日、インストールの詳細は、書くつもりですが、インストールしていくと、現時点 (09/05/05 現在)のヴァージョンでは、(必ず?)邂逅するトラブルがあるようですので、そのことについての注意だけ先に書いておくことにします。

やはり、このエントリでメモしたエラーは、過渡的な問題だったようです。
コメントにて、munakata さんから「2009/05/07 に リリースされた eZ Publish 4.1.1 のインストーラでは、解決している…」という情報をいただきました。
おそらく、eZ Components が必須というということで、バンドルされたインストーラになっているのではないかと思われます。
ま、エントリを削除するってのもなんなので、修正しておきます (09/05/15)

公式サイトダウンロードページでの最新版は、eZ Publish 4.1.0 4.1.1(09/05/15:修正) で、リンク先は、

http://ez.no/download/ez_publish/ez_publish_4_stable_releases/4_1/4_1_0/ezpublish_4_1_0_gpl_tar_gz

になっていますが、これをインストールすると (つか、「これだけだと」が正しい表現かな…)、インストール中に (MySQL の ユーザ名/パスワード 入力の次のステップで) 必ず下記のようなエラーがでます。

すでに、現行の eZ Publish 4.1.1 インストーラでは、この問題は出ないようです。

※ 問題の原因が、eZ Publish 4.1 以降必須になった eZ Components がインストールされているかどうかをチェックするプロセスでのエラーでしたので、初めてのインストールでは、上記、公式ダウンロードページから、eZ Publish 4.1.1 の With eZ Components 2008.2.2 版を選んだ方が良いと思われます。

以下は、すでに過去の話ということです。(09/05/15:修正)

The execution of eZ Publish was abruptly ended, the debug output is present below.”Fatal error: Class ‘ezcBaseOptions’ not found in [eZ Publish の インストールパス]/kernel/private/options/ezpextensionoptions.php on line 54
Fatal error: eZ Publish did not finish its request

The execution of eZ Publish was abruptly ended, the debug output is present below.”

調べてみたところ… Read More

concrete 5 日本語版 キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!

昨年、オープンソースになったときに試して、新たな CMS の方向性だなー!とときめいた!

ただ、日本語環境に相当の問題を抱えていたことで、日本語サイトでの実用は諦めた あの!concrete 5 が、有志による日本語版 リリース となりました!!!

ご存じない方に、どんなんかというと… Read More